・・・ 端っこ症候群 - シングルママライフ ・・・
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ちっくん:6th season 『不ポ&DPT 2回目』。
今日あずき(ベビィ)の機嫌わるくてつかれた。。。

* * *

ゆるーーーっと離乳食はじめてみたら、
サクッと拒否られました。

この様子は近日公開。




んで不活化ポリオとDPTの2回目。

風邪っぴきで予定より4日ほど遅れたけど、
なんとか無事接種完了。

これで来週にロタとヒブと肺炎球菌の3回目が打てれば、
うまくいけば年内でひと段落。

あーーーなんとかこなしてこれていかった。




受けに行ったのは土曜日だったんだけど、
前日が祝日だったのすっかり忘れてて、
休日と休日の合間だったこの日、

そりゃあもう、

「ここ何の催しもの会場よ?」

ってくらいの大混雑だった小児科、
くつを置く玄関先も足の踏み場がないほど、

見わたす院内はざっとみても40人は下らなかった。




「しまった。」

と思ったのもあとの祭り、

とにかく院内のすみっこに陣取り、
だっこひもの中のあずきをぎゅうっとだき寄せ、

せきをしながらマスクもせずに走りまわっているどこぞのお嬢に、

「近づいたらわかってるな?」

と眼光鋭くギンギンのオーラで念を送りながら、
待つこと30〜40分。

たぶん乳児の予防接種なので、
いい具合に順番を挟み込んでくれたようす。




余裕なく2つの診察室を右往左往しているMGD(Megane Gi-chan Doctor)、
いつもなら他の患者が待っていようがいまいが、
聞いてもいないのに自分の留学時代の話など始めるのだけど、

さすがにこの日ばかりは、

「うーーーん、ぽちゃぽちゃちゃん。」
「先生ぽちゃぽちゃちゃんのこと好きやでー。」

とあずきに言ったきり、
ぶすりぶすりと無言で両腕に注射をおみまいし、

風のように反対の診察室へ消えていった。




まるで売れっ子芸能人のようだった。




それで当のあずきはというと、
この日はとってもゴキゲンよろすーーーだったのもあり、
診察室に入っても終始にっこにこ、

右手にぶすっとされてもにっこにこ、
左手にぶすっとされてもにっこにこ、

最後に看護士さんにもにっこにこ、

とにかくエンドレスにっこにこだったのである。




なんつーサムライ。なんつーーー男気。

またあんたにフォーリンラヴやでママはよ。




・・・あいもかわらずギャーっとなってたのはわたしのほうで、

「あずきファイッ!!!」
「いい子いい子いい子ーーー!!!」
「いけるいけるいけるいけるーーーー!!!!」

と絶叫しまくりまくり、
診察室から出て待合いのお着替え台で服を着せてるときも、

「ほんまかっこよかったわーあずき。」
「ママ見てたよすごいよ。」

などとひとがいるのも忘れて話しかけており、

身支度をすませてハイ帰りましょうとあずきを抱きかかえ、
だっこひもの準備をしているあたりでやっとハッとすると、

どうにもこうにも背中にじんじんと熱い視線がからみついてくる。




後ろにはたしか乳児を抱いたご夫婦がいたはずで、
このまましらんぷりで目を合わせずに立ち去るか、
それとも振り返って何事か確認すべきか迷いに迷ったけど、

いやここはあれやろ勝負どころやろと腹をくくり、

満を持してぐるんとかぶりを振ると、
そこにはわたしより10くらいは若かろうかというママさん、

これはかるくえしゃくでもと思った瞬間、

「かわいいっすね。」

とママさんひとこと真顔であずきを賞しておくれやしたのだ。




おっつ。そうきたか。




いつもなら余裕しゃくしゃくで、

「ありがとうございます。」

と満面の笑みでおこたえするわたしだが、
さすがに相手が乳児連れのママさんとなると話は変わる。

だって先方も自慢のお子を連れておいでなのだ。
誰よりもかわいい世界一のお子のはずだ。

いくらほめたからと言って、
そこに輪を掛けて押し売りされるのなんか超ウザスだろう。




そのくらいのハートフルマナーは身につけているつもりだ。




だがいかんせん乳児連れにおける会話スキルがついてきていない。

この場合の小粋なおかえしが何かよくまとまらないまま、

「なっ・・・何ヶ月ですか?」

と、
まさかのここで『何ヶ月ですか』作戦を遂行してしまったのだ。




しかも、

「・・・ヶ月です。」

と一番重要な数字部分を聞きもらしてしまい、
いやむしろ風邪で耳がおかしくて聞き取り間違って、

「にっ、二ヶ月ですか?」

と口走ってお子さんを見て、

「いやっ、でも、かなりおっきくないですか?」

と余計なかぶせまでしてしまい、

「いいえ。四ヶ月です。」

と冷静に訂正されてしまう無能ぶり。




ああもうアカンと目眩がしてきていたが、
何かひとこと何かひとことと焦りに焦ったあげく、

「ピンク着てはるってことは女の子ちゃんですね。」

とホントどーにもセンスのないこと口走ってしまい、
ぬうっ!と思いながら改めてそのご夫婦を見ると、

口の端にうっすらニヒルな笑いをうかべて、
否定でも肯定でもないビミョーな顔でわが子の顔を見ていらっしゃる。




そこにきて、

「はっ!もしやそれって、

『どうせピンク着てなかったらわからん顔ですまんな。』

的なやつとかか?!」

とも感じたけど時すでに遅し、

場の空気がよどんできたのがバカでもわかる!だったので、

「じゃ〜お先に〜。」

とスタコラサッサで退散して参りました。




もうほんとあれよ、
産院で教えといてくれるべきよこういうの。

妊婦学級にとりいれるべきよ。

「よそのママさんとのナイスなからみ方。」

みたいな講座。




ほんまわたしこんな子じゃないのに。。。
結構その筋ではそこそこウケることも言える子やのに。。。

ちょっとおもしろいひとをスローガンに生きてるのに。。。




ほんと修行しなおすわ。
先がおもいやられすぎるわ。

ママ友いらんとか言って、
むしろお前がいらんわってかんじやわ。




こういうことも含めての育児、

否、

流行りの「育自」ってやつか。




わたしのお腹のうえでサザエさんを見るあずき。


「カツオの生き方はあれはあれでアリやな。。。」




とりあえず明日また離乳食ガンバロ。




↓ツイッタここから↓みんなで「育自」スキルについて語ろう!





☆ランキング参加ちゅう!さすが馬鹿親って言いながら押して!

 
ちっくん:5th season。
生後147日目。

* * *

行ってきたわーBCG。
自分のエリアじゃないとこで受けてきたわー。

・・・接種スケジュールがどうにもこうにもキツキツで、
自分とこの役所では日にちの調整がきかなくて、
苦肉の策で別の場所に行ってきました。

うちのエリアよりはるかに都会エリアなせいか、
来てるママさんがなんだか小ぎれいだったような気がする。。。




50組くらい来ていたのかな?、
どこの親子さんも整然としているというか、
(ここもうちの地区とは違った!)

なんせおぎょうぎよろしくベビィちゃんがたも静かな中、

うちのあずき(ベビィ)はアウェイ戦のくせに、
ひとり受付前からギャワワワオーーーン!と雄叫んでおられ、
保健センター内のあずき視聴率は毎分上昇するばかり、

さいしょはあせって抱っこユラリで必死にあやしていたものの、
とちゅうからはその状況があまりにもおもしろく、
へんな笑いまでこみあげてきて、

それをごまかすのにいつの間にかへんなダンスを踊り出してしまい、

さらに倍で会場内から浮いてしまったに相違ありません。




受付の15分くらい前に会場についていたわたしたち、
番号札はどうも真ん中あたり、
少し時間がありそうなのでおむつがえなどしていると、

こんどはうちのミラクル外面ボーイ、
近くのベビィちゃんに熱視線を送り続け、

「はっきゅーうううん、かるるるる、まうー。」

とナンパまではじめる始末。

ベビィちゃんのママさんも、
そんなあずきを無視するわけにもいかなくなったようで、

「いっぱいおしゃべりしてくれるねー。」

とあいづちを打ってくださった。




こうなるといくらわたしが無愛想キングとはいえ、
黙っていると100話しかけられない人相の悪さは横においといて、

「すみません。どうも赤ちゃんが好きみたいなんです。」

ともちろんお返しせねばならんではありませんか。




かんじのよいかただったので、
そのまま二言三言会話をさせてもらい、

ああこれが俗に言う社交性とかいうやつかと納得しながら、

子どもがいるってこういうことも含めてだなあーって、
改めて遠くを見つめてしまいました。




いつも友だちに、

「ママ友って響きがまずコワイ。」

とか、

「ママ友って5人くらいでランチとか行く制度がうざそう。」

とかばっかり言ってるわたし。

これからも難所がつぎつぎに訪れそうな予感がする。。。




でそんなこんなのBCGだけど、
順番まってるときに他のベビィちゃんを見てるだけで、
かわいそうでかわいそうで涙でそうになって、

だってあんなにぐりぐり押さなくてもってくらいぐりぐりされて、

どの子もみんな顔をまっかにして大声で泣いて、

あずきの番がきたときは、
あまりにも必死すぎてだいぶ声が(わたしの)出てたみたいで、

「お母さんのほうがだいじょうぶですか?」

と、
整列担当していた保健師さんが、
気づいたら半笑いで腕をつかんでくれていた。




面目ない。




いやもうほんまあれはあかんわー。
なぜにBCGってふつうに針さす注射じゃないの?

世が世なら、

「うちの子に何してくれてんねんドアホ!」

って、
逆にあのハンコみたいの医者のデコに押しつけてしまうところだわ。




・・・まあでもこれでようやくBCGの呪縛から解き放たれたー。

早く受けろ受けろっておどされ続けたから、
地味ーーーに気持ちの負担になってたし。




これにてあずき他のちっくんは、

・ロタ、ヒブ、肺炎球菌:2回目まで
・不活化ポリオ、DPT:1回目まで(じつは10日前に済ませた。)

が終了。

来月は上記をそれぞれもう1回ずつちっくん、
ようやくカオスなスケジュールに明るい兆しがみえてきた。

あーわたしも来月はインフルエンザ受けなきゃダー。




んで、
今日はBCGに行く前に大都会ウメダへ寄り道。

先々週に買ったべびぃどーるのティーシャツ、
80サイズ80サイズと唱えながら買ったのに、
なぜか90サイズをご購入しちまっていたので、
交換してもらいに行ってきたのです。




・・・だがしかしもう80サイズは完売になってしまっていたので、


ほんとにいたしかたなくおそろいのティーシャツをば。




ほんとにいたしかたなく買ったティーシャツのうら。


ほんとうにいたしかたなく。




あーーーん。
よいのよもうアホの子で。
アホの子みたいって思われてもよいの。
あの親子アホの子みたいにおそろい着てるわって思われても。

早速夕方洗濯したもんねーーーらららーーー☆




ちうことでもりだくさんの外出ディだった本日。


ドトルーにも行きました!




帰ってからのあずきは号泣に次ぐ号泣、
ひさかたぶりのハッチャキなガン泣き、

悲壮な声で泣き続けていたのは、
きっとよっぽどBCGがこわかったに相違あるまい。

今夜は夜中も熱い夜になりそうだぜ。




ちうことでじゃあね。




↓ツイッタここから↓もはや心のオアシスか!!





☆ランキング参加ちゅう!みなさんの健康とご多幸もあわせて祈りつつぽち!

 
ちっくん:4th season。
生後108日目。

* * *

野菜生活

「太陽のトマトと果実」

がうますぎる件について冒頭ご報告させていただきます。


まじやばいからー。
あやうく大人買いだからー。


野菜生活はRefresh!のシリーズもおいしい。
わたしの毎日のうっすらとした楽しみ。




さてちっくん。

熱をだして遅延をだしてしまい、
ただでさえタイトなスケジュールが大幅に変更になり、
もうまったく猶予なし。。。

今度体調こわしたら受けもれてしまう。。。

(これまでのちっくんについては→こちら。)



ロタ。。。ロタだよロタ。。。
ロタさえ2ヶ月になってすぐ受けておれば。。。

BCGとの兼ね合いがやっかいすぎる。。。



・・・なんてっててもしょうがないので、
本日あずき(ベビィ)の体調も戻っていたし、
ロタ、ヒブ、肺炎球菌の2回目行ってきました。

結局スケジュールやらなんやらで、
1回目と同じMGD(Megane Gi-chan Doctor)のところで接種。



今日もなんだかザクーっとしたかんじのMGD、

「熱だしてたんです。」

というと、

「うんうん喉とか見るね。」
「オッケイオッケイそんな赤くない。」

とサラーり接種決行を決め、

「まずロタねーおいしいのまんまちようねー。」

とあずきに幼児言葉で話しかけながら、
経口のロタワクチンをあずきのくちに流し込むも、

「あーあー半分くらい吐いちゃった。まいっか。」

と朗らかにもほどがあるくらいの大らかさを見せつける。



いいのかそれで。



そして泣いてしまったあずきを、

「よーし、じゃあ抱っこしてあげるー。」

とわたしの膝から抱き上げ、

「男も愛嬌したらすーぐジジババが貢いでくれるんやでー。」
「5万円もらえるでー。」(なぜ5万?)

と語りかけている。



それから自分の留学時代のエピソード・・・、

友人が子どものビデオや写真をせっせと撮っては、
やれ両親だのやれ祖父母だの親戚だのに、
マメマメしく送りつけてはご祝儀をゲットしていた、

・・・みたいのを披露してくれたのだが、
正直そのあとのヒブと肺炎球菌の注射のことで頭がいっぱいで、

だってまたあずきに針を刺すわけだし不安だし、

半笑いで軽い相づちしか打つ余裕しかなかった。

しかも話が長かったし。



すまんなだが他の患者も待ってるぞMGD。



しかしMGD。。。
ここに来てひととしてかなりお気に入りのタイプかも。。。

かなり純粋培養な爆発力を秘めた、
人間としてのおもしろさを隠し持っていそう。

わたしのかかりつけなら無問題なんだけどナー。



もういっこのお気に入りの小児科は、
シティー派?っちゅーか、

設備もきれいでみんなかんじもいくて、
対応もゆきとどいており、
先生はエリートっぽいかんじで、

やり方もネットを駆使したりして今風なんだ。



・・・んーまあどっちがどっちかは、
もうちょっと気長にかかりつけながら、
見極めてゆこうか。。。

先は長い。



あーーー話ブレたけど、

まあそんなこんなで、
注射の瞬間は「ギャー!」と泣いたあずきですが、
そのあとはケロリっとして、

うちについてからは少し興奮していたみたいだけど、
今のところはすやすや眠っております。



But前回は副反応で発熱したので、
今回も冷や冷や見守ってゆくかんじ。。。

1回目に出ると2回目も高確率で反応出るらしいので。




これは今日の夕方。


うつぶせ一瞬楽しそうにしたがやはり困りがお。
(よだれは楽しかった一瞬のなごり。)



好きな子もたくさんいるらしいね。




んだば予防接種進行中のみなみなさま、
ベビィ健康管理がんばっていきましょーね!




☆ランキング参加ちゅう!あずきの熱が出ませんようにの願いをこめてぽち!!

 
ちっくん:3rd season。
生後78日目。

* * *

最近はあずき(ベビィ)と一緒に寝る。

そのほうが寝つきがいくて、
どうも途中で起きても安心するようなので。

これはなかなかよろこばしい。



・・・んが。



ふとんの2/3の所有権は彼に譲渡せざるをえない。


大の字もはなはだしい。




そしてもう軽くトラウマになりつつあるが、
ちっくん(予防接種)の第一回に行ってきた。

ロタ、ヒブ、肺炎球菌。

授乳を早めにすませ、
平熱であることを確認してから、
いざ小児科。

なるべくひととの接触をさけたかったので、
受付時間と同時に病院へ。



たくさん問診票を書かされ、
あずきは看護師さんに体重と身長を計測してもらう。

高まる緊張感。

吐きそうなわたし。



部屋にはいるとあずきをひざに抱くよういわれ、
まずはロタの接種。

「はーいおいちいからねーまんまちようねー。」

とめがねおじいちゃん先生(以下MGD=Megane Gi-chan Doctor)にいわれ、
液体を口に流し込まれるあずき。

ふえーんふえーーーんとぐずっているが、
意外にまずいものではないらしく、
まあまあの顔で無事に飲みきった。

噂によると甘いのだそうロタのワクチン。



そしていよいよ注射。

ネット等で得た知識によると、
接種と接種の間は15分ほど空けるのだと思っていたのに、
(急な変化が起きないかを見るため。)

「はいっ。これがヒブね。」

と、
なんのこころの準備も整わないままにブスり。

一瞬の間ののちあずき泣く。



わたしは何が起こっているのかわからずのような状態で、
あわわあわわとあずきを抱きしめていると、

「はいっお母さん。次反対の腕に打つから。」

といわれ、

「抱っこ。抱っこしっかりおさえてね!」

と指示をされつつ、
あずきにがんばれがんばれと声をかけていると、
MGDまた間髪いれずにブスり。

「男は泣くなら大声で!」

とかいわれてるあずき。




なにこれなにこれなにこれ。





もうちょっと雰囲気だそうよ?





。。。とかなんとかのあいだにサクサクと診察室を追い出され、
パッパと着がえを整えるように指示をされて、

すぐさまチャリーーんとお会計終了。




。。。





ん?帰れってかんじ??





アナフィラキシーの安静は?

(※注:ちっくんのあと30分は医療機関での安静とされている。)





・・・もうなんだか思ってたのと違いすぎて、
すごくすごく不安なきもちになったが、

さいわいうちが近いところだったので、
急いで戻ってあずきを寝かせ、
とんとんとなでながらO.P.I.で落ちつかせる。

てゆうかむしろわたし落ちつけ的な。



・・・こんなことなら煩雑なスケジュールになっても、
お気に入りの小児科で受ければいかったやっぱり。。。

後悔先にたたなすぎる。



そう思いながら夜まですごしていたら、
寝る前の時間くらいから泣き始めるあずき。

「こわかったのを思いだしたのかな。。。」

と思い、
たくさんたくさんほめながら、
なんとか寝かしつけたものの、
そのあとの明け方からの様子がなんかおかしい。

O.P.Iに飛びつかないし、
むしろいやいやってかんじだし、
身体をひねってくるしそうな顔をする。

なんだか抱いている身体もあつい。



・・・そこから熱が37度、37度2分、とあがりはじめ、
お昼前には37度5分に。

”発熱”とみなされる体温で、
この熱になったら連絡するようにいわれた温度だ。



それからプチパニックで記憶もそぞろだが、
電話してすぐに来院するよういわれ、
診察をうけて解熱剤をもらってみるも、

うちにもどったら熱は38度2分まであがっていて、

ぐったりしているあずきを泣いてさすりながら、
30分おきに熱をはかりつづけていたような。。。




そう。うわさの副反応とかなんとか。




どうも肺炎球菌のほうらしい。

病院からは20%の子に発熱があるといわれたものの、
調べると臨床で半数に発熱があったとされるデータもあり、
確率的には低くないもののようだけど、
んなもんだからって安心できるわけがない。

「うちの子にかぎって。」

ってやつだ。



むろんそれから、

インターネットインターネット、
ひよこくらぶひよこくらぶ、
メールメールと、

調べたからってどうにもなんないんだけど、
なんかしてないと落ち着かなくて、

もう1日でかいた冷や汗がハンパないったら。。。



こわかった。。。
ほんとにほんとにほんとにこわかった。。。

こわかったのはあずきのほうに決まってるけど、
熱ぐらいでって笑われそうだけど、
生きた心地がしなかったんだ。



・・・でも熱は夜には平熱までもどり、
げんきのなかったあずきも、
朝にはかなり気分も回復したようす。

O.P.I.への情熱も取り戻し、
快便快尿、
表情もあかるくなっていた。

ひと安心。。。




ええと、
あれです、

小児科については、
悪い先生ではないのだろうと思う。
実際ひととしてはきらいなかんじではないMGD。

まー昔風というか、
細かいことは気にしないような、
さっぱりした街のお医者さんなのだろう。

あれこれ不安にかんじる部分は、
またもわたしが神経質なのは認めよう。

うん認める。



だ。
が。



その熱があって再診したときも、
あずきの前に診察室に入っていったのは、
よりによってヘルペスの患者だった。

そこは大人もみてもらえる診療所なので、
もちろんありうることだ。

わかってるわかってるのだが、
こっちは新生児、
多少の配慮はあってもよいのではないかと思うのだ。

わざわざカーテン一枚の中待ち合いに呼びつけないで、
せめて少し遠くで待たせてくれるとか。



それに診察のときに体温を申告したら、
むこうではもういちど検温してくれない。

予防接種のときもそうだった。

からだをさわって、

「ほんと熱いね。」

というだけというのはどうなんだ。。。




むーん。。。




やっぱり今後については不安かもーーー。

自分がかかるお医者さんならよいが、
あずきを任せるとなると、
一抹の暗雲がこころにたちこめる。

二回目の接種もここで受けるのはどうか。。。



でもお気に入りの小児科は受けられるロタの種類が異なるので、
今さらそこでのつづきは不可能。

別のところをまた探すことになるが、
この際でかい病院でうけようか。。。




。。。なーんて、
ちょっとネガティブな情報となりましたが、

副反応はたしかにこわいし、
熱をだしたのはほんとに肝がひえましたが、
それでも接種はすべきとわたしは思ってるので、
つづきもちゃんと受けさせてやりたいと考えてます。

体調管理をしっかりしねば!

みなさんもお気をつけくださいねー!!



ちっくんこれからというママさん、
そして妊娠中のプレママさん、

なっとくのいく環境で、
なっとくのいく方法で、
ちっくんにのぞんでくださいぜひ。



はう。わたしもがんばる。



かわいそうにちょっと血もでちゃって。


ほんとによくがんばった。



わたしのほうがよっぽどいっぱい泣いちゃったZ。。。



☆ランキング参加ちゅう!育児ってしょっぱなから試練の連続だ!

ちっくん:2nd season。
生後71日目。

* * *

本格的に小児科デビュウを飾るにあたり、
問診等で親の病歴も必要になってくるので、
あずき(ベビィ)父に連絡した昨夜。

大きな病気は聞いたときないけど、
花粉症っていってた時期あったなと思い、
アレルギーなどもあれば教えてとメール。



「そういう大きい病気はないな。」

と書いてあったつづきで、

「花粉症はなおった。」

と。

「あれはウォシュレットの使いすぎが原因やったな。」
「菌を殺しすぎて免疫が落ちた。」
「ウォシュレットやめたら花粉症なおった。」

などとまたも独自の持論を展開していたので、
そっと

完ムシ

させていただきました。



うんそっか。いいんじゃないかな。ウォシュレットね。



どっちでも。



・・・普段なら小気味のよい返事のひとつも返したいところだけど、
彼に対する情熱が失せはじめているのか、
ことがあずきのことだからそんな気にもなれないのもあるし、

てゆーか彼は大まじめにウォシュレット論を展開しているし、

そんなことより必要な情報は得られたからいいやーーー。




・・・そんなこんなで小児科だけどね、
今日のところはとってもベリーいかった!

あずきは2ヶ月ということで、
待合いではなく別室を用意してくださり、
最後までそこで過ごさせていただきましたー。

ひょえーーー。

小児科でもいろいろ対応あるもんだな!



ちっくんのことだけでなく、
気になっていたところを診察してもらったが、
育児チキン野郎=わたしのとりこしグローってことで、
一件落着でしたとさ!

イーーーエス!!!



ついてにあずきの

”育ちすぎ疑惑”

についても先生にカミングアウトし、
ちょっと前に助産師に完母にするよう指導を受けた話をしたら、

「古いよね。それって今時。」

とバッサリ。

「しっかり身長もあるし、肥満なわけじゃないんだから。」
「このくらいの成長のお子さんはたくさんいるよ。」
「ムリに母乳にこだわらなくてもさー。」

とのこと。



。。。ん。。。まあ、そうなの。。。?



しっかしほんと、
母乳についてはひとの数だけ考え方があるね。。。

わたしは今んとこ母乳が軌道にのったので、
普段は完母ですが、
週に1回くらいは体調のかげんでミルクあげてます。

くたくたで出てなさそーなときもあるんだもんーーー。

そこそこで、
そのママとそのベビィの呼吸が合うのがだいじよねきっと。



そうそう、
ちっくんの任意接種分は、

ヒブ、肺炎球菌、ロタ、

の接種は確実にしようと思ってて、

B型肝炎

はワクチンが切れているらしく、
受けるなら他の医療機関になるので迷いちゅう。。。

ちなみにヒブと肺炎球菌は助成があるので無料。
ロタはどこでうけるかによるみたいだけど、
1回13,000円くらいするみたいね。。。

ロタは2回だったかな?
高いよねーーー。

B型肝炎は数千円×2回。



同時接種も迷うところ。。。
3つはこわいし2つにしようかなあーーーとか。。。

今日ひと晩悩んでスケジューリングする予定。

早くしねば予約が結構タイトらしいので。



ででで今日のあずきは、


なんかバスタオルでくるんとしたらかわいいわ!の巻!!



あー馬鹿親バンザイーーー☆



☆ランキング参加ちゅう!育児中のひとのみならず妊婦ちゃんもぜひ!

 
ちっくん。
生後70日目。

* * *

今日も今日とて猛暑は続く。

沖縄より最高気温が高いって、
どうにかしちゃってるんじゃねーか。

体力勝負の育児もふんばりどころだぜ。



で、
さっき小児科に電話したのよぼく。

予防接種(ちっくん。)のことと、
この際にあずき(ベビィ)の気になるところも見てもらいたくて。

先日行ったとこはかんじがあまりにも悪かったので、
今回はネットでも評判のよかったところに変更。

電話のふんいきはいかったけどなーーー。



さてそのちっくん。

2ヶ月からできるのだと改めて知って、
(コメントくれたグリコさん熱烈感謝!)
子どもと肺炎球菌.jpから一覧をダウンロードしてみたのだが、

すっげーーー種類あるじゃんか!

定期で5コ、
任意も7コ!!

・・・最近のはこんなにもあるんだね。。。



2ヶ月から受けるのは任意のものばかりで、

ヒブ、肺炎球菌、B型肝炎、ロタ、

の4つ。

どれを接種するのかしないのかは、
親の判断にまかせられているようで、
2ヶ月からの接種のぶんは、
B型肝炎を外すひとが少し目立つけど、
あとの3つはほぼみなさん接種される傾向のよう。



むむーーーん。



・・・とにかく小児科だわ。





そしてあずー凛々しく力強い視線。


「俺は今あつく煮えたぎる想いがとめられないZ!」



・・・このまなざしの先はもちろん、




O.P.I.




何の略かは全馬連(全日本馬鹿親連合)のみなさんならおわかりのはず。




☆ランキング参加ちゅう!あずーも寝たしお昼寝しようかなっ!