・・・ 端っこ症候群 - シングルママライフ ・・・
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

そうだ!行こう!
「わんわん!」と言えるようになったので生ワンワンを見せたらちょうビビってた。

* * *

子どもを産むまで、
たとえば観光地や娯楽施設などで赤ちゃん連れを見ると、

「もうちょっとおおきくなってから連れてきてあげればいいのに。」

とか、

「まだわかんないでしょー赤ちゃんじゃ。」

とか思ってた。





でも1歳未満でもわかるよねいろんなこと。





むしろきっと大人なんかよりずっとおおきな感動をもって、
彼ら彼女らはたくさんのものに純粋に触れていて、

おおきく見開いた目の真にいつわりのないよろこびの色は、

「もっといろんなものを見せてやりたい。」
「いろんなところへ連れてってやりたい。」

って思わせるのにじゅうぶんすぎる。





あったかくなってきたしお出かけよいしね。





てことで先週の暖かかった日に思いつきで、
お昼の離乳食をばたばたとすませてから、
バスなどに乗って、


扇町公園というところへ出張ってきた。
(後方は関西ティーヴィーとそのキャラはちえもんくん。)






出産前はあのへん相当うろうろしたものだけど、
意外に公園の中ってちゃんと歩いたときなくて、

今回あずき(息子)と行くのがはじめてといってもよいくらいで、

なんとも甘酸っぱいデート気分なわたし。。。






ちょろっと咲いてた桜を愛でるあずき。


「おー咲いとる咲いとる。」






名前知らない花とふれあうあずき。


「なんやこうもっさーーーっとした花やのう!」






せっかくだから関西ティーヴィーの中へも。


あずきにはまだ早い。(有料だし結構よい値段するし。)





着いたら存外曇ってきてしまい、
滞在時間は1時間くらいだったんだけど、

用事とかのためじゃなく電車やバスに乗って、
ついでじゃなくあずきのためにちょっと遠出して、

こういうことができるくらい大きくなったなあと、
ベンチでふたりで休憩にお茶を飲みながら、
ちょっと物思いにふけってしまった。





最初に電車にふたりでのったときはこわかったなあ。。。

とか。





やーしかしこうなってくるといきたいとこたくさんあるーーー!

・・・ということで今日、
離乳食のおべんとうを持って歩けるように、
200mlの保温ボトルと小さい保温フードポットを調達。

フードポットは調理したものを入れていけそうだし、
保温ボトルはツイターで外出の達人のフォロワさんが使ってて、
お湯をじょうずに利用して外で調理されているのを教えてもらったから!

実際にやってみたら離乳食部としてレポートするしね!






そうそうこないだあずきに新しいティーシャツ買ったの見て。


しょうがないよね買うよねどうしょうもないよね。






だってあずきハンサムだから。






↓ツイッタここから↓最近なんか交換日記みたい!って思えてきた。





☆ランキング参加ちゅう!ま。気長におつきあいください更新低くても。

 
天神橋ぶらり。
マイハニーボーイの成長がまぶしすぎる。

* * *

どうも定期的にワールドワイドウェッブから心がとおざかる。

必然的にブログの更新も滞るわけだが、
クセというか周期的なものなので見逃してくださいお久しぶりです。

最低限ツイッタはスマホからのぞくのだが。






バーーーイザウェイ。






こないだ用事があってひさしぶりに天神橋というところへ出向き、
好きな街なのでちょっこりブラブラしてきました。


こちら有名な天神橋筋商店街の入り口。






関西では飽きるほど街ぶらで紹介されているが、
関東のひとはご存じなのだろうか?

いわゆる「オオサカー!」がもれなく体験できる街で、

とにかく安くてオモロイものを売ってたり、
ローコスト&ハイパフォーマンスの食があったり、

ヒョウ柄のおばちゃんももちろんいるし、
イカしたシャツのおっちゃんもいるし、

一歩入れば市場もあったり、

なんせ話題にことかかない場所なのです。






これは商店街とJR天満という駅が交わるにぎやかなとこ。


通りをはさんで向かいには関西ティーヴィー。






路地のいたるところににこんな店がある。


これは有名なジャズバー。






こじゃれた町屋系カフェなんかも多くて、
リノベーション的な女子好きする店もたくさんあるが、

自身がおっさんのおっさんによるおっさんのための赤提灯ずきなので、

そっち系情報にはあまり詳しくないためあしからず。





で、
せっかくきたのだからどこか1軒と思い、


純喫茶その名も「ジュン」へ。






このロゴをみてほしい。


ほんものである。






いつからここにあるのか定かではないが、
齢80をこえていらっしゃるであろう老紳士がおふたりできりもりされていて、

いつ行っても混むでもなくガラガラでもなく、
観光地化した天神橋の中でもまったくブレず、

いつもそこにあるっていう安心感とともに、

静かーーーに街なみの中にたたずんでいるような店だ。






ここにきたらこれ。


名物ミルクコーヒ。






あずき(ベビィ)もリラックス。


彼にもわたしの喫茶マインドが受けつがれているのであろう。






ざんねんだったのは、
この天神橋での貴重な街ぶらの2/3の時間を、






トイレで過ごす






というショッキングかつナイーブな事態が発生していたことだ。






おなかがいたくていたくていたくていたかったの。。。






むろん「ジュン」でもピーっと警報が鳴り、
どうしてもトイレットに駆け込まなくてはいけなかったので、

その日はいつもはいないご婦人(推定この方も80歳)が運よくおられたため、

「すみません。少しおねがいできませんか。」

とあずきを見ていていただいたのだけど、

もちろんあずきは号泣に次ぐ号泣、
アワワアワワで急いで戻ってみたら、

ご婦人があずきを抱いていてくださったが、
か細い腕に10キロ越えの暴れ馬は当然荷が重すぎで、

なんかあずきご婦人の腰くらいの位置でぶらーーーんってなってたし。






うちのハンサムボーイがごめいわくおかけしてすみませんでした。







そのハンサムボーイだけど、


例のマグでまんまとストロー習得!





使って4日目くらいで自分で吸い上げてた。。。

それまでは「飲みものあがってくるボタン」を押してあげたけど、
ほんとにあっさりと自分で飲むようになってくれましたー。

ほんとよい商品だなあこれ。
(前回のブログに書いてたやつです。)





もう写真みたいに自分で飲むんだけど、
そのかわりに半分くらいはふりまわしてこぼすよ。

この漏れがなかったらマグ100点満点だった!





さて。台所でも片付けますか。





↓ツイッタここから↓育児って千差万別。





☆ランキング参加ちゅう!まあひとつぽちっとやっとくれ!