・・・ 端っこ症候群 - シングルママライフ ・・・
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

それでも血は血。
扁桃腺!!!

* * *

喘息から肺炎をおこしかけて緊急入院していた母が退院した。

もう母の入院に関してはプロだ。
少々のことでは動じない。

今回は1週間だった。
短期ですんでほっとしている。





が間の悪いことに、
この入院があずき(息子)のクループ(という病気)と重なり、
あずき自身も夜間に救急のお世話になってて、

そんな中母の看護が十分につとまるかというとこれは無理な話で、

近くに住む叔母(母の姉)の手を借りざるを得ない状況となった。





叔母とは両親のゴタゴタに紛れて長い間疎遠になっていたのだが、
これまた両親のゴタゴタが原因でわたしにお鉢が回り、

明かすつもりのなかったあずきの存在も知れ、

まあこれについては叔母は生涯独身の身、
孫にも等しいあずきの存在はたまらないらしく、

あれやこれやと気にかけてもらうようになっていたので、
今回は迷うヒマなく助けを乞うことにした。





おかげでぶじに入院期間もすぎ、
退院のもろもろも手伝ってもらってひといきつき、

「お昼でも食べて帰ろう。」

の誘いに応じて、
ひさしぶりにふたりだけで向かい合って食事をとっていたときのこと。





話題は母のことからあずきへ移り、
もうすぐ誕生日だという話をしていたら、

「この子の父親その後どうしてんの。」

と唐突に聞かれたので、

「別にどうもしない。」

と答えたら、

「認知だけはしてもらわなあかん。」
「あんたらのことは知らん。あずきは別や。」
「それを放棄することは許されんで。」

と和定食を前にまくしたてられた。





もちろん今にはじまったことではないし、
身内には等しく同じ話をされてきたし、

わたし自身も、

「認知なんかどうでもいい。」

とは全く思っていない。





・・・出産前は違った。

出産前は認知はおろか、
あずきに関することすべてから彼を遠ざけようとしたし、

「ひとりで育てる。」

という鉄の意志を貫きとおすことしか頭になかった。





今思えばわたしはまだ、
お腹にいたあずきよりも彼がだいじだったというか、

「だいじな彼の子だからこそ産む。」

というある種の、

「悦に入った。」

ところがあったあたり、
てんでまだまだ母親などではなく、

「母親候補のただの女。」

で、

「母になるなど片腹痛いなオマエ!」

というかんじだった。





だけどそんなわたしでも、
あずきを腕に抱いた瞬間からすべてのスイッチが切り替わった。

驚くほど瞬間だったと思う。





愛?恋?恋愛?

それってこの今わたしが抱いている命の重さに、
匹敵するほどの何かがあるんか?

この小さい命が幸せに生きていく可能性を閉ざすほど、
意味のあるもんなんか?






と。





だからそれから、
わたしはあずきを見つめながらすりきれるほど考えた。


産まれたばかりのあずきの小さなこぶし。
はじめて目をあけたときの瞳。

おおきな泣き声。
生きようするものの純粋な本能。

甘いおでこのにおい。

あたたかい息。


ぜんぶを抱きしめながらずっとずっと考えた。






そして出した答えは、

「わからない。」

だ。






そしてわたしはそれをそのまま彼に伝えた。

「わからない。わからないけれど考えてほしい。」
「この子が選ぶべきことかもしれんけど、ゆだねることではない。」
「認知がすべてではない。けど簡単に放棄もできん。」

「だからいっしょに考えて答えをもちよりたい。」

と。





彼は、

「わかった。考えるから時間くれ。」

と言ってた。





ちょうど半年前。





そのときあずきにも会ってもらった。

葛藤はあったけど、
わたしなりに考えた結果。





彼はいつもどおり飄々とやってきて、
またなんかわけのわからない独自の理論を展開して、

何を思ったかは不明だけど神妙なかおであずきを抱き、

「遺伝子学上は俺の子か。」

と言わなくてもいいことを口に出してわたしをイラつかせた。





いちいち、

「遺伝子学上。」

とか言わなくても、

「ほら!あなたの子よ!あなたの子なのよ!」

なんてドラマみたいなことしねぇよ趣味わりい。





彼はたぶん、いや確実に、

「自分の血をひく子どもがいる。」

という事実から目を背けておきたくて、
今でも認めたくないはずだ。

言葉の端々、
態度のいたるところに、
彼が感じているだろう、

「こわさ。」

みたいなものが見てとれた。




だけど、幸いに、というか、
だからといって逃げも隠れもするひとではないし、
(そこは信用してる。)

てか逃げ隠れできないんだけど、
(公人的な要素があるので。)

存分に向き合って答えを出してほしいと願ってる。





わたしはあずきの幸せしか頭にない。
わたしはわたしであずきの幸せだけを考える。

それだけを考えて前を向く。





そのひとつとして、

「認知。」

というおろそかにできない事項がある。

だからわたしは周りが何を言おうが思おうが考えることをやめない。

そのために行動することも。






あずきのこと以外は何があろうがファックユー!だ。





・・・まあ別に、というか、
彼に対して悪感情は今もなく、

かといってかつてのような愛情もないが、

どうしても複雑な感情を引き起こすタネではあるし、
ひとことで言い表せない存在となったことは否めない。





憎しみはないけど好感情というわけにもいかん。

これが現実だ。






なあ息子よ。


最近絵に描いたような「子どもがいる家」化する当家。







育児日記も1年おわる。


なんかさみしーなあ。。。





☆ランキング参加ちゅう!!なあ?ええやろ?押してくれてもええやろ?

 
ひとり親出産心得。
36週6日。予定日まであと22日。

* * *

今日は疲れた。

この期におよんで、
家族の問題のすべてがわたしの肩にのしかかってくる。

この世でもっとも残忍な他者は家族。

・・・だとわたしは胸をはっていえる。
(そんなの胸をはることじゃないけど。)



これは昨日に役所でもらった出産後サポートの資料。


保健福祉?だっけか??の窓口にて。



産後のサポートの件と、
あとは母子家庭についての支援の有無、
子ども手当のこと、

について調べる&手続きがしたくて行ったんだけど、
これらはこちらからすべて、

「こういうものがあると聞いたのですがどうしたらよいですか。」

とひとつひとつ持ち出さなくては、
1コ聞いたからといって芋づる式に先方から提示があるわけではない。

ある程度こちらの知識ありきでないと、
公的なものの手続きというのは見逃してしまいがちだ。



まず産後のサポートについては、
エンゼルサポーターという制度があって、
有料(1時間¥1,000)だけど、
生後4ヶ月までのベビィがいる家庭であれば、
家事などの支援が受けられるサービスがあります。

これは里帰りしないなどの理由で、
結婚していてもお昼間に家事支援を望めないママさんも利用可能。



だけど「ひとり親」ということになると、
収入にも依存してくるのですが、
ほとんどが1/3以下の価格で同様のサービスが受けられる、

「ひとり親家庭等日常生活支援」

というものを申請することができるそう。
いろいろあるなあ。。。



これはわたしの住まう大阪でのお話だけど、
この「ひとり親」についての支援は、
写真にある「サポートブック」というのを手に入れると、
いろいろ詳しく載ってます。

役所の児童福祉課?的なところか、

で手に入ると思います。

・・・のでここをみたシングルの方はどうぞ参考になさってください。



あと児童扶養手当(ひとり親の児童向け)や子ども手当の申請などは、
出産後でないと手続きができないそう。。。

このあたりちょっと不便だよね。

「産後退院したらなるべくはやく窓口で申請してくださいね。」
といわれたけど、

ひと月にも満たない赤子を置いて家を出るわけにもいくまいに。。。

いくらエンゼルサポーターといえども、
短時間だってそんな赤子を預かってはくれないだろうし。

てか預けるわたしも不安だし。



ということでいろいろ書いたけど、
2日くらい前に別件でちょっと(役所)批判もしたけど、

手際云々は別にしても、
総じてこの児童福祉にかかわるひとたちは親切で、
聞きさえすれば懇切ていねいに教えてくださった。

不安のなか重い足取りでいる身としては、
感謝の念に堪えないきもち。

おおきにどす。



ほいで総論。

出産前シングルマザーが調べておくべきことは、
わたし的に以下の3点。

・家事支援について
・児童扶養手当の申請の仕方と時期について
・子ども手当の申請の仕方と時期について

これらは上にも書いたけど、
大阪であればまず「サポートブック」を役所なりで手に入れて、
自分に必要な支援をピックするところからはじめてはいかがかと思う。

他の地域でもきっと似たような冊子やサービスがあるだろうし、
安定期に入ったらぜひ後ろ向きにならず調べてほしいです。



自分のためじゃなく、
産まれてくるベビィのためだよねこれって。

もじもじしていられない。



今日もあずき(ベビィ)はのっそーっとげんきにうごめいている。

最近は「ここが足かな?」という場所を見つけたら、
ってか中からぐーーーっと蹴られたとき、
おなかの上からこちょこちょとこそばしてやるのがブーム。

「こそばゆい?こそばゆいのあずき??」

とにやにやしながら。



☆ランキング参加ちゅう!ベスト3キープ中で恐縮ですおおきに!!

 
愚かな男に愚かな女。
34週6日。予定日まであと36日。

* * *

これはお気に入りの店のランチ。


遠いんだけどわざわざ行く。



この日は豆腐ハンバーグ、
マカロニサラダにもやしと豚肉の炒め物、
わかめのお味噌汁と玄米ごはん。

薄味で野菜たっぷり。

これにドリンクがついて800円以下。



あずき(ベビィ)の父から久しぶりの連絡。

仕事で近くに来ているのは聞いていたけど、
(遠方ずまいなので)
会いたいという気持ちがないわけではなかったけど、

求める弱さも甘える強さも今は持ち合わせてない。



だからこっちから連絡するつもりは全くなかった。



どうしたのかと聞いてみたら、

「からだはどうなのか気になった。」

とのこと。



ぽつりぽつりと話をしてたら、

「俺どうしょうもなくてごめん。」

と突然いいだしたから、

「何ってこたえてほしくてそれいってるの?」

と聞いたら、

「こたえがほしいわけじゃない。」

って、
どっかで読んだような聞いたような会話になってしまった。



なにかなあれは。
わたしのためじゃなく自分のためかな。

冷たい考え方だけど当たってるとおもう。



「何かできることあったらいって。」

といわれたけど、
なんだかそれにかえって傷つく思いがして、

「ちょっとそういうの今受け止めきれない。」

といったら、

「そうやなそうやな。ごめん。」

って、
こんなこというつもりじゃなかったのにって、
ぶつぶつとつぶやいてた。



なんか話すこと見あたらなくて、
散歩にいきたいからっていって電話切ったけど、

ここからがわたしの甘いところだけど、

あまりに突き放しすぎたかと思い、
ちょっとしたメールをおくったら、

テンションの高いばかっぽい返事が返ってきた。



見た瞬間はとても腹がたってむかついたけど、
よくよく考えたらてかよく考えなくても、

やつはそういう愚かなばか男だった。



久しぶりにそんなばか男の声をきかせて、
おなかをなでながらあずきに謝る。

「ごめんねあずき。ばかパパで。」



いやむしろそれより謝るべきは、

「ごめんねあずき。ばかママで。」

だ。



愚かでばかなのはママのほうだねあずき。



☆ランキング参加ちゅう!今日もアクセスおおきにどすえ!

 
わたしがシングルを選ぶわけ。
ゆらゆらゆれる春の日。

* * *

ブログのタイトルとおり、
わたしは現在シングルマタニティです。

お相手である彼とは遠距離で、
出会ってからもう7年か8年か?そのくらい。

お互い独身。



彼はあまり一般的ではないひとで、
(それはいろんな意味で、)

まあ誰からみても変人というかんじ。

だけど誰からも好かれて、
いつも誰かに囲まれているようなひと。



わたしたちの歴史なんかつまらない話なので省くけど、
あれやこれや別れたり戻ったりを繰り返して、
気づいたらそんな時間が流れてて、

その末の去年の秋にわたしは妊娠したわけです。



それまでのつきあいの中で、
子どもができたら?という話をしていたんだけど、

彼は世界に自分と血のつながった子どもがいるなんて考えられない、
想像しただけでムリ、

と世間話のような顔で言い放つようなひとだった。



わたしは子どもについては特別な思いはなくて・・・、
というよりごくごく一般的な感情しかなくて、

女に産まれたから子どもを授かってみたい、

というような、
本当にごくごくありふれた希望というか夢というか。

意地でも子どもを産まなくちゃっていうような、
あせりや欲望はなかった。



それは子宮の温存が叶ったということとは別というか。

子宮の温存にこだわったのは、
女性としての機能をなくしてしまうことが、
女でなくなってしまうような気がして耐えられなかったから。

言い方はわるいのかもしれないけれど、
子宮をなくして女として不能になるのがこわかった。



特に積極的に子どもを作ろうとしたわけではないです。
けどその逆でもなかった。

彼はひとりで育てるならそれもいいんじゃないといってて、
わたしはわたしで彼の子ならそれもありかもと思ってた。



というか、
子どもがどうのこうのという前に、

彼を全て受け入れていたいという、

ただただ誰にも言葉で説明できるものではない愛情を、
自分にしか理解できないところで証明していたかったと思う。



はじめて自分で認める。



そしてどうしようもなく陳腐な言い方だけど、
この先自分がひとを愛せるとは思えず、

それは彼と出会ってからずっと、

彼もわたしがそう思っているのを重々承知してて、
そのくらい愛されていることもわかってて、

自分は結婚や子どもは考えられないけど、
わたしの好きにすればいいという思いだったのかも。



歪んだ関係だと我ながら思う。



ただわたしにとってひとつ確かなのは、
彼の子どもでなければ産んでいなかったということ。

そして子どもがほしいから産むのではなく、
彼の子どもだから産むのだということ。

彼の子どもだから、
ひとりでも育てていく強い決意があるのだということ。



ふたりでやっていく方法はないのかと、
周りにさんざん言われた。

それをなぜ望まないのかって。



それはもうひとこと、
わたしにしかわからないこと。



わたしたちの間にある愛情の落差。

それをわたしはイヤというほど知ってる。



彼が変わっているとか人とは違うとか、
まわりの人間はそこばかりを見て彼を評価するけど、

結婚に向かないとかいうけど、

わたしもはじめはそうも思ったが、
それは本当に表のほうのことで、

深いところでは、
誰よりもふつうのひとだとかんじるようになった。



わたしは彼を愛していて、
彼はわたしを愛していない。

すごくシンプルで、
わたしがシングルを選ぶ理由はここだ。



彼と離れたいわけではない。
ごくふつうの女性としての甘えや希望はある。

だけど子どもを理由にできるほど、
わたしは強い人間になりきれず、

そうするにはわたしは彼を好きすぎる。



ふたりでいる孤独はひとりの孤独より耐え難い。



だからわたしは彼の有無を問わずに彼から離れ、
勝手にひとりで何もかもを決めて進んでしまった。
(このことは後に彼に謝った後日談がありますがまた今度。)



それでもこんなわたしでも、
妊娠がわかったときは純粋に感動した。

計算や予想で出てくるものではなくて、
からだのいちばん奥からわきでてくるような喜び。

神に祈るような気持ちになったし、
すべての奇跡に感謝した。

小さいわたしの中の命がほんとうに愛おしくて、
何を犠牲にしても絶対守ろうと思ったし、

もちろん今も命より大切な何にも代え難い存在。



なんか支離滅裂だけど、
今日これを書いたのは自分のためかもと思う。

てかこのブログ自体がそう。

きっと自分を励ましたり見つめたり、
そういうことのために書いているような気もする。



読んでくださったかた長々ありがとう。



中途半端な終わりかたの気もするけど、
今日はひとまずこれにてお風呂。

そして寝ますおやすみなさい。



☆ランキング参加ちゅう!いちにち1ぽちお忘れなく。