・・・ 端っこ症候群 - シングルママライフ ・・・
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

立ちはだかる新たな課題。
何もかも風まかせみたいなそういう顔。

* * *

少し前のこと。




あずき(息子)をベビィカーで保育園へ連れてゆき、
いつものように園児が駆けめぐる園庭を横切っていると、

前方から直線で脱兎のごとく、
推定4〜5歳の活のよい男子が向かってきた。




「?」

と、うっすら笑いで小首などかしげるに、

お子はビシッとわたしの顔を指差し、
たったひとこと、

「誰?」

とおたずねあそばされにけり。




誰?




誰??




むしろYouは誰???




あまりにも侍がすぎるその質問、

完全に虚を突かれて動揺しているこちらをよそに、
彼はその指先を今度はあずきにうつし、

「誰の子?」

と、
カンバセイションとしてはまたも斬新な切り口で、
容赦なく攻めたててくる。




だっ。。。誰の子?って。。。




そんなん。。。




「わたしの子。」




(滝脇汗。)




。。。




はい園児走り去ったー!

はい話最後まで聞いてないー!

はい「わたしの子。」ってナニー!

はいボキャブラリー不自由ー!

はいしかも声張れてないー!




なになになになに。
彼はなになになになに。

なにかミッションを遂行したわけ?

そしてわたしの不自由な対応があまりにもで、
そのミッションはインポッシブルに終わったわけ?




ママトークよりモアーディフィカルトやん。




おとといはおとといで、
泥団子を製作中のなかよし女児3人組が、

「あんなあんなー!」

とわいのわいの言いながら寄ってきて、

「赤ちゃんかわいー!」

とキャアキャアかしましく飛び跳ねつつ、

「手なーわりとキレイから赤ちゃんさわっていいー?」

と、
いい具合の灰色に染まった手のひらを突きつけてきた。




あほか!(心の声。)




勘弁してぇな。
ワシまだ幼児トークにまで手つけれてないねん。

こないなときどうしたらええんや。
どうしたらお嬢ちゃんらを泣かさんですむんや。

大人やったらだまって秒殺やけど、
ワシもさすがにお嬢ちゃんらを視線でよう殺さんで。




・・・かと思えば、

「どちらのクラスの方ですか?」

などと、
ゆとり世代の新入社員もまっ青な、
かしこまったトークが売りの男児がいたり。




こっちも思わず敬語使ってしまったわ。




まだこの世にうまれて数年に満たないというのに、
すでに驚愕の個性を発揮する彼ら、

あずきもいつかはああなるんだろうけど、

まだどの子を見てもピンとこない。




もちろん漠然と、

「男のこらしく育ってほしい。」

とは思うのだけど、
今はまだとにかく、

「無事に生かせてやらなくては。」

という気持ちが強すぎて、
日々必死すぎで、

想像力を働かすまでいけてないのが正直なとこ。




信じられないな。

あずきがいつかあの園庭を駆けまわるなんて。
竹馬とか乗っちゃって。

虫を捕まえてきて泣かされるのかな。

朝いちばんから全身泥まみれでさ。




わたしはそのころはどうかな。

やれてるかな。
ちゃんとやれてるかな。

あずきといっしょに泥まみれになれるかな。




・・・しかしその前に幼児トーク。。。




幼児の友だちおらんし、
そっちのほうが難関なな。。。

もうママトークなんかさらに眼中なくなるわ。




時代はママ友よりキッ友(キッズ友だち)や!

作るでキッ友!!
熱く募集中!!!




☆ランキング参加ちゅう!!応援お願いします。

 
続・俺様のそのスキルについて。
覚悟をもって事にあたる。

* * *

距離があってこそ見えるものがある。

「俯瞰で見る。」

というやつか。





近寄りすぎて曖昧だったのも、
近寄りすぎていることさえ忘れていたもの、

一歩、あと一歩と遠のきつつ振り返ると、

そこには思っていたのと違う世界がひろがっているかもしれない。 





より深く知りたいのなら、
より真実を知ろうとするなら、

引き算をすることもたいせつな要素のうちだ。





なんにせよ引くというのは勇気がいるけれど。






さて。






乳幼児の親御さんでいらっしゃるあなたあなたあなた、
画面の前のそうあなた、

乳児健診行ってますか、
予防接種行ってますか、
風邪などで小児科行ってますか、

公共の催しものにご参加ですか、
子育てセンターにご参入ですか、

もしくは保育園通っちゃってますか、

あらゆるところあらゆる場面で、

見ず知らずのお子さま連れのご婦人に、
話しかけられたり話しかけたりしてますか。





そしてトークの腕を上げてますか。






俺はまあ、あれや。。。






・・・以前、


という日記を書いたのだけど、

あれからもうすでに半年以上が経過し、
息子も園に通うようになった。





あれを書いたときのわたしは、
支援センター的なところへはじめて乗り込んだテイだったが、

実をいうとあれから支援センターには幾度となく足を運んだし、
それでなくとも小児科通いやそれこそ園で、

望むと望まざるにかかわらず、
いろんな親子さんがたと接触を余技なくされてきた。





日記を読み返すに当時のわたしは、

「ママトークスキル」

にこだわるがあまり、
肩に力が入りすぎている。





しかもちょっとおもしろいと思われたいという、
若干の色気をただよわせており、

それがなんだかうざったいというか、

自意識過剰でちょっと恥ずかしい生物だ。





ただただ残念でならない。






え?





今?





今のお前はいかほどのもんじゃいって?





そりゃああなた、
あの日から半年以上も経過すればね、


もちろんあれよ、



切れ味するどくビシーーーーとね、






ママトークスキル放棄ね!






いやー無理はいかんよ無理は。

ああいうの、
話したいひと同士が話したいだけ話せばいくて、

話したいひと同士って絶対うまくカップリングできてるし、

逆にわたしみたいな、

「ちょっといいひとの皮をかぶろうとして失敗した輩」

はそれはそれで、
不快や失礼のない程度のご挨拶ができればよいのよたぶん。





話しかけられて無視する必要もなけりゃ、
別段積極的になる必要もないし、

ママとかいう以前の問題で、

どこかで居合わせた他人との、
至極一般的な距離感を持ち合わせていればよいのたぶん。





むろんあずき(息子)を介して必要なかかわりはあるけれど、
そこにはかなりの確率でママさんが存在するけれど、

我も人なりママも人なり

ってことで、
ふつうに人と人、

あまり過敏になるのはしんどかったんや。。。





ていうか「スキル」ってことに焦点を戻すと、
そもそもわたしのちょっと愉快なところやよいところ、

トークでいうとまあまあええ線いってるところ、

(この「まあまあ」が重要。)
(そして「まあまあ」だとタカをくくっている前提。)

などは、
十二分に関係ができあがっているところでしか威力を発揮しない。





だってさー、
たとえばおもろくなるにも受け手が必要で、

受け手とのある種信頼関係があるからこそ、
(「ああ言えばこう来るな。」っていう)

おもろいトークはおもろいトークとして成立するわけでしょー。





これは別段「関西人的」なものじゃないし、
おもろいひとはどこ出身でもおもろい。

感覚が似かよってればいろいろ通じる。

そもそも関西人がみんなおもろいわけじゃないし。





まあ独特なとこあるにはあるけど。。。関西。





ちゅうわけで、
またお得意の着地点を見失いかけているブログ終盤、

結局あれよあれ、

ママになっても過分に自分のポジションを、

「The ママン!」

に置かないほうがよいってことだわー。





たいていのことはママとしてこなすべきだけど、
ぜんぶがぜんぶママだからーってなると混乱して、

ほら、

以前のわたしみたいに、

「なっ、何ヶ月ですかっ?!」

しか持ちネタがないのに前のめる、っていう、
どうにもこうにも負な状況を招いてしまうとも限らんわけだし。






もうちょい肩ひじはらないママっていうか、
腰のすわったママっていうか、

そもそもママママっていちいちいわない、

ええ具合の母ちゃんになりたいもんですなあ。





まあまだ開業して1年とちょっと、
初心者はこんなもんかー。





どうですかあずき。


最近はうかうかジュース売り場とお菓子売り場に近づけない。





しかもこれ、
食べ物だってわかってるからあとも大変。。。






☆ランキング参加ちゅう!!今の私はアグレッシブにクリックとりにいくで!

お調子者の夏。
その価値は自分で決めればよい。それがすべて。

* * *

昨日あずき(息子)をむかえに行ったら、
たまたまさよならのうた?の時間にかぶり、

子どもたちは輪になって集まり、
先生がオルガンをならしはじめた。





もう準備もすんで出るところだったが、
あずきが両手をあげてわたしからはなれ、
うれしそうに輪の中へはいっていったので、

「あらあらあらあら。」

とちょっとたのもしくもうれしくかんじ、

「じゃあこれがおわってから帰ろう。」

とうたが終わるまで待つことにした。





童謡が流れ先生がたが手拍子でうたいはじめると、

からだをゆする子、
いっしょに手拍子をする子、
じーっと先生をみつめる子、

にまじって、



歓喜の雄叫びとともに踊る息子。







え?なになになに?









温度差でてるよあずき!


周り周り!

周り見てみて!




完全にきみ調子乗ってるよ!





熱いよ熱いよ暑苦しいよ!









しかも単独YO!










そうか。。。





まあちょっと安心。

ああいうとこ見ると、

「ええぞええぞもっとやれ!」

とおもってしまう。





子どものうちは調和なんかいらん。
行儀もいくなくてよい。

ひとを傷つけたり危ないことじゃないかぎり、
調子よく乗りに乗って、
ラテンにすごしてほしいぞーーー。




わたしももっとうたって踊って、
あずきの爆笑とっていかなあかん!

負けてなるものか園に!(ムダな鼻息!)





あーわたしも調子のって、
2日連続ブログ更新してしまった。

きゃー。





本日のあずき。

PicsArt_1373333848720.jpg

いたずらをとめられた直後のかお。





このあと号泣。





 ☆ランキング参加ちゅう!!酷暑のストレスをクリックに熱くぶつけて!

半分こで生きていこう。

ぼくはきみといるときがいちばんしあわせなんだ。

* * *

あずき(息子)をねかせてふとひといき、
無意識に視線を泳がせると、
はしっこのほうにコロンところがるちいさいクマ。

子どもがいるってこういうことだなあと、
思わずふっと息がもれる。




特別ドラマチックなことはなにもない。

今日そのちいさいクマをひろったら、
明日こんどはソファのしたにクマは出没する。

そんなささいな日常の繰り返しだ。





さて長らく更新とどこおりました当ブログ。
(いつものことですが)





じつは先月の中ごろからあずき、

風邪→クループ→風邪→結膜炎→気管支炎と中耳炎併発

という魔のスパイラルにまきこまれ、
そのあいだを縫うように母が入院、

わたしはわたしで、

喘息→風邪→気管支炎と喘息併発

という世にもオソロシイ状況にみまわれておりまして、
ぶっちゃけ、

ブログ?はあなにそれ新発売の洗剤?

みたいな位置づけでした。





まじで命の危険かんじたでしかし。





そんななか先月末であずきは1歳。
1歳になりました。

男あずき1歳でございます。

ええ1歳です1歳。





ここ最近はまたいろいろめざましく、

好物のバナナがどこにあるかを理解し、
それを、

「バッ!」
「バナッ!!」

といいながら指し示し、

してほしいことを自ら要求、
・・・たとえば絵本を読んで欲しければ絵本の棚を指して、

「キョエエエエエー!」

と熱をおびた雄叫びを発し、

わたしがすることをことごとくまね、

遅かったけどうつぶせから自分で座れるようになり、

つかまり立ちはますます上達、
最近は無謀にも3秒くらいは手放しで立ち、

じぶんの名前が「あずき」であることを理解し、

その他もろもろ書ききれない数々数々、

なんせ赤ちゃんの域をおおきくはみだして成長してきた。





1歳。
1歳だ。

しつこいようだが1歳になったのだ。





去年の今ごろ、
わたしはあずきといっしょにこの部屋に帰ってきた。

ちいさな命を抱きかかえて、
ただただ押しつぶされそうな不安に、
病院からもってかえってきた大きなかばんが2つ。

からっぽの冷蔵庫。





あの日わたしはどうやっていちにちを過ごしたのだろう。





あのとき1歳になる日のことなんて想像できなかった。

もちろんあずきは健康にうまれてくれて、
ここまで大きなけがも病気もせず、
無事に育ってくれた。





だけどあのときはそれが当たり前に思い描けなくて、
1歳になるなんて夢のことのように思えて、

今日の日のことなんて全く想像できなくて、

とにかく目の前の命をどうやって守りぬくか、
いちにちいちにちを紡いでゆくことだけしか考えられなかった気がする。





いっしょに生きてくれてありがとうあずき。





ママはこれからもきみを全力で守りぬく。
全力できみのいちにちいちにちを支えてゆく。

ママはいつだってきみの「最後のひとり」であり続けるよ。





きみが助けを必要とするときの「最後のひとり」。

きみが泣きたいときの「最後のひとり」。

きみが世界中を敵にまわして闘うときの「最後のひとり」。

きみが喜びをわかちあいたい「最後のひとり」。


きみがふりかえったときにいつもそこにいる「最後のひとり」。





だからきみは何も心配しなくていいんだ。

どうか自由に、
どうかのびやかに、

いつでもどこへでも手足をのばして、
いつでもどこへでもこころをとばして、

そんなふうに大きくなっていってくれますよう。





そしてママはなんでもきみに「半分」あげよう。
ママの「全部」ではなく「半分」をあげる。

ママの片手。
ママの片目。

ママのからだの半分。
ママのなにもかもの半分。

いつだってきみに半分あげる。





なぜってね、

ママは半分が必要なんだ。
きみと生きてゆくために必要なんだ。

きみを守りぬくために半分が必要なんだって気づいたんだ。





だから全部あげたいけど、
ほんとは全部全部全部あげたいけど、

きみのためなら命だっていらないけど、

勇気をもって半分こしよう。





「半分こで生きてゆこう。」






これがママの1歳のきみに贈る所信表明です。







ぶかっこうながら作ったあずきのケーキ。


パンケーキは卵なし小麦粉牛乳砂糖ベーキングパウダーにバターちょび。
ケーキの間にはベビダノン。








1歳になったマイハニー。


熱があったのでご褒美?にジュースデビュウしました。






ジュースのご利用は計画的に。






あ。

ブログの存続もちょっと考えたりしたんですが、
やっぱり地味にでも続けようかと思います。

ちょっとありかたを変えるかも。
写真にひとことだけとか。。。

いずれにせよ,
今度ともおつきあいよろしくおねがいします。





いつも読んでくださるみなさんありがとう。





☆ランキング参加ちゅう!!てことでランキングもたのむでー。

 
おれ24じ。
朝市たのしかった。

* * *

おれおれ。

あずきあずき。


またおじゃまするで。






おれしばらくたいちょうこわしててな。

よるにいきがくるしくなって、
きゅうきゅうにいったりしてたいへんやったんや。

ばあちゃんもきんきゅうでにゅういんしててな、
ままはもうぐったりでだいぶやられとるらしい。


だからきょうはまたおれがぶろぐかくで。






おれもそろそろ1さいや。

さいきんちまたでは、

「あずきくんおにいちゃんらしくなって!」

ってうわさらしい。






まあみんながそういいたくなるきもちもわかるで。

さいきんのおれといったら、
あらゆるいみでせいちょういちじるしいからな!






・・・そんなこんなできょうは、
おれのいちにちをしょうかいしたいとおもう。


みんなきになるやろ。


おれのこともっとしりたいやろ。



おれをまるはだかにしたいやろ。






しゃあなしや。しゃあなしやで。






まず、おれはだいたい7じまえにおきる。

ほんで、
おきたらまずままのかくにんや。





だいたいままはさきにおきとって、
おれのかおをじーーーっとみてる。

おれはままがとなりにおったらめっちゃごきげんやから、
おもわずにやっとわらってまうねん。

ままもなきそうにうれしそうなかおで、

「あずきおはよう!」

って10かいくらいちゅーしてくるんや。






おかんっちゅーのはうっとおしいのう。





ほんでまあ、
えんのあるひはいそがしいけど、
おやすみのひはゆっくりや。

まずおむつちぇっくして、
おちゃのんで、
はちじくらいにごはんやな。





んでかなりのかくりつで、
ごはんのぜんごでU.N.C.いっぱついっとくな。

さいきんすこぶるかいちょうやねん。


たまにごはんちゅうにずれこむときもあるねんけど、
あれはままきまずいけどもおれもきまずいな。





ごはんたべおわったら、
ままがせんたくしたりそうじしたりするから、
おれはそのあいだはあそんでる。

いーてれみてるときもあるけど、
ちょっとあきてきたなしょうじき。





いまいーてれでおれがおもろいとおもうのは、

「おふろすきー」

と、

「うなりやべべん」

や。

「よしおにいさん」

はおれのなかでのぶーむはすぎたな。

(わかるひとだけわかってや。)





ままがひといきついたら、
だいたい10ごろからおさんぽや。

べびーかーでいくねんけど、
すーぱーがおおいな。

ほんでいっつもかえりに、
でんしゃみせてもらうんや。

(てつおっていうなや!)





1じかんかそこいらでかえってきて、
ままとしばらくあそんで、

12じすぎごろおひるごはんや。





おれ、ごはんはだいたい30ぷんくらいでたべる。

じぶんでぜんぶたべたいねんけど、
さわったらあかんやつとかあって、
ままがさらをとおくにおくから、
ほんまはらたつときあるねん。





そんなときはままがいっしゅんきをぬいたときに、
さらにてをつっこんで、

「ぐしゃぐしゃぐしゃーーー!!!」

っておもいっきりやったるんや。






まま、がんめんそうはくやで。






で、たべたらひるねや。

えんがはじまってから、
あさにねるのはやめて、
おひるにまとめてねるようにかえたんや。

ちょいちょいおきてまうけど、
2じかんくらいはねてるな。





おきたらだいたい3じくらいやから、
おやつちょっとたべるときもあるし、

まあおちゃくらいはのんで、

こんどはゆうがたのおさんぽにいくんや。





ゆうがたはきんじょをぐるっとまわって、
こうえんによるのがていばんやな。

あつくなってきたから、
こうえんはゆうがたがきもちええんや。

ぶらんこでゆらゆらすんのはさいこうやで。





よるごはんは5じはんくらいやな。

おれはまだごはんのあとは、
かならずおっぱいのんでるで。

しょうじきおなかはいっぱいやけど、
でざーとみたいなもんで、
のまんとおちつかへんしな。





そのあと6じはんくらいからおふろはいって、
7じはんくらいからねるじゅんびや。

いつもえほんを3つよんでもらってから、
へやをくらくしておっぱいたいむのじゅんばんやな。





ままはこのままねてほしいみたいやけど、
さいきんのおれをあまくみたらあかんで、

こんじょうでねてしまわんようにふんばって、

ままをそいねまでもちこむんが、
おれのすたいるや。





でもままもこころえたもんで、
おれのきもちいいとこいっぱいしってるから、
15ふんくらいでのっくあうとされてもうて、
8じすぎにはねてしまうんや。。。

ままめ。。。

なかなかやるで。。。





よるはきほんてきにあんまりおきんな。

えんがはじまってよなきしてたけど、
ちょっとおちついてきたようなきもするわ。

おれがないたらままがしんどいしな。






・・・どう?






ざっくりやけどおれのいちにち、
きみだけにこっそりしょうかいしてみたで。

みんなはどんなふうにいちにちすごしとるんや?







それよりみてくれよおれの、









かれいなつかまりだちを。










まあちょっとやるきになればこんなもんよ。










そろそろほんきだすで。






このしゃしん↑ままが、

「ちはあらそえん。」

ってしみじみゆうとったやつや。






なんか、

「みごとなこらぼれーしょん。」

らしいわ。






ままもわらっとったけど、
おれもどっちでもええわー。

うまいことはんさむにできあがっとったら、
(もちろんじかくしてるで!あたりまえやろ!)

なんにせよけっかおーらいやろ。






ほんならきょうはこのくらいにしとく。

みんなまたな。





☆ランキング参加ちゅう!!おしてくれたらおいしいアメあげる!(くらいの心意気!)

 
one day.
うまいこと眠れへんの最近。

* * *

それはそれは晴天のある日。















「なあ。まだなん?」

















「ぬお!?」


















「きたきたきたきたきたきたーーーー!!!」



















「しびれるでーーーーーー!!!!!!」













鉄男完全に祭。













その帰り。


「こいつはえらいしっかりした仕事や。ようでけとる。」












なんでもないいちにちでした。







☆ランキング参加ちゅう!!テッチャンって呼ばないで!

 
11th month。
前髪きりたい!

* * *

どうもどうも。
月に数回しか更新されないへたれブログへようこそ。

まじで存亡の危機なんちゃうんこれ。




こう、なんていうの、
もうあれよ、ほら、あのさ、


うちのブログ、









ブログ界のゲリラ豪雨









的なポジションでいくってことでどう?









・・・いや言ってみただけスマン。









あずき(息子)保育園きまりましてね。

長期戦かと思いきや結構上位で待機してたので、
こんな短期のうちに連絡がきましてね。

それならすんなり4月でいれてくれよって話もなきにしもあらずでね。






ごっつブルーなんすわ。

(そら文字も青なりまっせ。)






行かせたくないんすわ。
手放したくないんすわ。

そばで育てたいんすわ。

離れるのが不安で不安でしょうがないんすわ。





・・・そんなこんなでここ1週間ほど、
ほんとにほんとにほんとにちょーーーうネガティブで、

「ポジティブってなによそれ。」

ってかんじで、

「聞いたときないな。」

ってくらいで、


例えて言うなら、

いっつも居酒屋か寿司屋にしか行ったときのないオヤジが、
見たときないような洋風の店に連れていかれて、

「なんやそのポジティブっちゅうのは。」

的に困惑しちゃって、

「ようわからんけどとりあえず煮付けでもらっとこか。」

みたいに大幅に大胆に受け流すくらい、


ようはそのくらいポジティブさがないわけですわ。






。。。







伝わらないすかそうすか。








そんな中あずき11ヶ月。





近日の彼のようすで特筆すべきところとしては、

とにかく、

「わんわん」

に対して情熱がほとばしりすぎており、

こどもちゃれんじ的なDVDのわんわんを見ては熱狂し、
わんわんの写真を見ては狂喜乱舞し、

散歩ちゅうに出くわそうものなら絶叫につぐ絶叫、

日中もふと思い出すのか、
ふと恋しくなるのか、

テレビジョンを指さしては、

「うあんうあん。ぅわあんうわん。」

とDVDの視聴を要求する次第。





わんわんの何が彼をそうさせるのか。






また彼を魅了するものとして急浮上しているのが、






鉄道







の存在である。






ホームに入ってくる電車、
近所の線路を走る電車、

とにかく電車が目の前を通過すると、

「はうっ!あうっ!はうあっ!」

っとベビーカーから落下せんばかりに身を乗り出し、
ちぎれそうなくらいに両手をふりまわしている。





そんな彼の姿を目にしたわたしの頭をよぎる、







鉄男







の二文字。








いやまあその。。。








。。。








あとは自発的に「いただきます」「ごちそうさま」ができるようになり、
「あずきくーん」と呼ぶと手をあげるようになり、

「ままは?」というとわたしを指さすようになり、
たまには「まんまあー!」とも言えるようになり、

オフロスキーのかおを見るだけで「ふっ。」と笑うようになり、

空前のバイバイブーム到来で道ゆくエブリワンにバイバイをしたり、

なんだかもうほんとに子どもというかんじになってきた。





運動発達のほうは移動はまだずりばいのままで、
最近ようやっと腰をうかせて動作が3D化してきたと思ってたら、

今日、ほんとに今日、はじめてテーブルにつかまり立ちを2回した。

今までは浮力を利用した、
なんとも怠慢なつかまり立ちを浴槽で披露していたのみだったので、
突然のことでおどろきすぎて写真もとれなかった。





離乳食は食べてはいるが毎回食べさせるのに苦戦ちゅう。

好き嫌いも出てきてるし、
とにかく食べ飽きるのが早いのかなんなのか、
食べてほしい量までもっていくのが結構たいへん。

すきなものでつったりうたをうたって盛り上げたり。





体重はただいま10.8〜10.9の間をうろうろ。

10.5キロあたりから離乳食の伸び悩みやら、
大量嘔吐が2回あったりもして、
なかなか思うように体重が増えずちょっと心配したのだけど、

(重量級でもそこは別だし。)

服を着てへたすると12キロ近くあると、
さすがに腕にかかる重みがことのほかしみる毎日。。。






どんな形でも成長をみせてくれるのはうれしくありがたい。






来月は1歳か。。。






・・・きっとお子さんをお持ちのかたならみなさん同じく、
やはり1歳というのは特別なものがあるだろう。

わたしもやはり信じられない思いで毎日あずきを見つめている。


ずっと寄り添いずっとそばで守ってきたわが子なのに、

「いつのまにか。」

という思いがとても強い。






・・・なんかこれ書き出すとセンチメンタルになりそうだまた。






それに今わたし、


無敵ネガティバー


ってなんか安っぽい戦隊ヒーローみたいになってるし、

てゆうか寝不足続きでもう寝たいのもあるし、

そういうことなのでまたいずれ書きます。







ゲリラ豪雨的に。







先週のあずき。


最近よくうでまくらで寝たがる。





清いでしょ美しいでしょ純潔でしょあずき。

みんなみんなみんな子どもはそうだと思うけど、
この世のきれいなもの全部集めて形にしたのがあずき。





命にかえてもとか死んでも守るとかそんなレベルじゃないな。

あずきそのものが命で、
あずきそのものがわたし。





どうかどうかどうか健やかにマイボーイ。





☆ランキング参加ちゅう!!まあそのーーー。あれがあれしてーーー。ぽちっとーーー。

 
10th month。
おやきに挑戦したい。

* * *

最近子ども、とくに1歳とか2歳とか小さい子を見ると、
涙腺が刺激されてされてどうしょうもない。

どうにもあずき(息子)の姿を重ねてしまうのだ。





今日も推定2歳くらいのおじょうさんが、
お父さんの手をぐいぐい引っ張りながら、

どこか楽しみなところへゆく途中だったのかな、

小さいからだいっぱいいっぱいではしゃいでいるのを見て、

「ああ。あずきもいつか。。。」

とベビィカーで足をぴょんこぴょんこさせるわが子を見つめ、
かあっと胸を熱くしてしまいました。





どうしよう。。。





あずきが、

「ママ!はやく!」

とか、

「アイス食べたい!」

とか、

「なんとかレンジャーになる!」

とか言うわけでしょ?






。。。






だーーー。(涙腺決壊。)






・・・でまあそのワンダホーマイボーイあずき、
おかげさまで無事10ヶ月、

なんだか信じられないようなきもちになるけど、

ずっしり思い腕のなかの息子は、
たしかにいちにちいちにち成長をみせてくれる。





ここ半月くらいはまためざましくて、

いとまきまきのうたの振りを覚えて手遊びができたり、
いぬの写真をみて「わんわん」と言えたり、
(はじめての言葉が「ママ」じゃない衝撃はある。)

ものの出し入れができるようになったり、
とにかく扉という扉をあけるのに余念がなかったり、


そうそうようやっとベビダノンのおいしさに目覚めたり、


今日びっくりしたのはなんと、

「ごちそうさまでした。」

ができるようになっていたこと!

これはマジで超絶びびった!





ここ1週間くらい毎食毎食やるようにしてたのに、
今日の夕食のときにわすれて片付けようとしてたら、

あずきのほうがわたしのかおを見ながら両手をあわせてて、

「うわ!ごめん!ママわすれてた!」

っていったら、
またわらいながら両手を胸のまえでちょこんとあわせた。






かぶりつこうかと思ったわ。

いやむしろかぶりついたわ。






かわいいねたまらんね。
いとしいねなみだでるね。





マナーがどうとかそんなんはまだ先の話で、
そんなんのために教えたわけじゃなくて、

ただコミュニケーションっつーか、
意思疎通をしたいっつーか、

愛くるしい姿を見たいだけのわたしのわがままなのに、

胸がはりさけそうになるいじらしくて。





いろんなことわかりはじめてるあずき。
赤ちゃんから脱皮しようとしてる。

彼は彼の世界をこれからひろげてゆくんだなあ。。。






運動のほうはまだまだゆっくりなー。

ずりばいは上達してきて行動範囲が広がって、
ついに台所の足下までやってくるようになったけど、

まだいわゆるハイハイってかんじでもないし、

つかまり立つ気なんかさらさらなさそう。





まあやきもきしないでもないけど、
こればっかりはしゃあないし、

「みまもりみまもり。」

とぶつぶついいながら。





そう。

ちょっと離れてみまもれるお母さんになるのが夢。





愛するもののまえでいつも、
心配でもちょっと強がって、

「だいじょうぶ。ええよええよ。」

と笑い飛ばして、

「行っておいで。」

と心配でも送り出して、

「おかえり!」

といつもおなじ場所でむかえてあげられるような。






あずきはいつでもどこへでも行けて、
それでもちょっと不安になって振り返ったとき、

まちがいなくわたしはそこにいて、
まちがいなくわたしはそこにいるとあずきが思えて、

だからこそ自由になんだってできる力になるような、

肝のすわったお母さんになりたいいつか。






なれるかな。
なりたいな。






・・・なんてそんな妄想?もしつつね、
明日も明日とて10ヶ月児の嵐のような育児、

孤軍奮闘で不安になったり寂しくなったり辛くなったり、
そんなまだまだてんで情けないわたしだけど、


あの子は日に日にハンサムになるし、


とにかく全力で守りぬくわこの愛のかたまりを!






今月の1枚はちょっとワイルドなショットよ!


「中途半端なきもちで俺に近づくとケガするぜ。」






みてよこの躍動感のある表情!
そらシマジローもシャーってなってぶれるわ!






10ヶ月目もよろしくねハニーハニーマイボーイ☆





↓ツイッタここから↓どうぞーよかったらおきがるにー。





☆ランキング参加ちゅう!4月は更新がんばる(予定)。

  
MUSUKO、。
めばちこいたいよー。

* * *

息子、9ヶ月半すぎ。





息子、興味のあるものを指でしめす。





息子、ころがるおもちゃを自分で投げてとりにいく。





息子、おもちゃやブロックを所定の入れ物にしまう。





息子、花を愛でる。





息子、よしお兄さんに夢中。





息子、かわりにキッチンアイドルへの執心から解き放たれる。





息子、不定期にハグを求めてからだをあずけてくる。





息子、喫茶店でおもちゃを落として拾うわたしを見たい。





息子、そしてにやりと笑いたい。





息子、あいかわらずわたしの似てないものまねがすき。





息子、さいきんのおきにいりはミーニャのものまね。(「ニャニャ!?」のとこ。)





息子、ずりばいからちょっとおしりがういてきた。





息子、華麗なピボットターンからのセクシーポーズ。





息子、セクシーポーズからの熱視線。





息子、最近のおきにいり玩具はコップ重ね。(コンビの。)





息子、あとすきな玩具はハトバス。





息子、好物はいちごとみかん。





息子、おかゆを7倍に戻す。





息子、わたしが離れると手をのばして「戻って!」をする。





息子、体重10.7キロ身長76センチ頭囲47センチ。





息子、わたしが抱いている限りは無敵の外面良男。





息子、わたし以外に抱かれることが最大の恐怖。









息子、今日もひかり輝く。


この子が天使じゃなかったら天使って何?








きのうの夜あずき(息子)ぐあいわるくなって救急へいって、

それはもうほんとうに今おもいだしてもふるえるくらいのできごとで、

幸い大事にはいたらず元気をとりもどしてくれたけど、


また改めてひしとわが子のたいせつさが身にしみた。





あずきのことで頭がいっぱい。





だからあずきのこと書きたいいっぱい。





まだ書きたいけどきょうはこのへんで。








さいごにしょうこりもなくまたとったプリクラ。


中学生女子をかきわけてとってきたよ。






おやみみなさい。





↓ツイッタここから↓どうぞどうぞーキャンペーンちゅうだよー。(うそ。)





☆ランキング参加ちゅう!らっしゃいらっしゃいーよってらっしゃいー!

 
9th month。

FACK'N 杉!!!

* * *

冒頭からとりみだしましたすみません。





だってもうどうしょうもないわスギ花粉。

育児にかまけて自分が花粉症だってこと忘れかけてたけど、
否、忘れたふりしてたけど、

あかんもうやばいわたし完全に負けを認めるわ早々に。





・・・レーザーでどっかの粘膜焼くとかどうとかって、
あれどうなの?

あれなら母乳かんけいなくいけんの?






そんな2013年早春ではございますが、

当家のハイパースーパーミラクルハンサムボーイことあずき(息子)、
先月末にぶじ9ヶ月をむかえまして、

ますますそのハンサムにみがきをかけ、
街ゆくひとびとを魅了してやまない毎日、

わが子ながらそのゆくすえがオソロシイほどかとお見受けいたします。






月にいちど恒例のお顔だし〜。


ぶれてるぐらいじゃないと輝きすぎてるから。







小児科で身長をはかってみたら75.4cmになってて、
産まれたときから25cmもおおきくなりました。

体重はやっと?伸び悩むようになり?、
ここひと月ほどは10.5kgのあたりをうろうろうろうろ。

3,754gで産まれたから、
こちらは約6.5kg増えた計算になります。






おようふくはもう80だとちょっと危ないかんじ。

ブランドによっては80はもうきついので、
90を余裕もって着せています。

「服は90をいちばん長く着る。」

って友だちが言ってたけど、
ほんとそうみたい。

70、80はほんと一瞬でとおり過ぎていったーーー。

特に70サイズ。
必要なかった!ってくらい瞬間で終わった。。。






ほかは、

まずなかなかはいはいに進まないのが目下の課題?で、
最近ようやくちょーーっとだけずりばいで前進するんだけど、
どうも今ひとつ何かをつかみきれていないようす。

むーーーん。





・・・心配まではしていないけど、
気にならないかというと気にはなるので、

たまに、

「はいはい 9ヶ月」

とかでぐぐってみたりとか、
少しやきもきした気分になってみたりとか、

そういうのはねフツーにね。

ありありですよありあり。






・・・だってわたし馬鹿親の上にわりとチキンで小市民的だし。






そんなあずきの最近のブームは、


なぜか組体操のこのポーズ。





あ。

下に着いてるほうの手はさすがにひじで支えてますあずきは。
この写真みたくぴーんとなってはないです。

どっちにしても何の前準備なのかはまだ不明です。





あとはそうだなあ、

ボール投げができるようになって、
ふたりでボール投げっこをしたりとか、

絵本も自分でめくるようになったし、


あそうそう、

笑いっていうか、
おもしろがることにすごく深みがでてきて、


なんていうのかなあ、

わたしが笑わせようとして動作に入ったり、
あるいは間合い(関西人としてひじょうに重要なポイント)をはかると、

「ママあれやろ、あれで笑わそうとしてるやろ。」

みたいな顔で、
予測変換ならぬ予測笑い?っていうか、

「あかんって!笑ってまうって!」

的にツボに入った声をあげたりするの!






伝わります?






ほかには、

指さしたほうを見るようになったりとか、

何か発見したりすると、

「見た?今の??」

みたいな顔でわたしに同意を求める表情をしたり、

こころが外へ外へと、
開いて飛び出してきているんだなあと思うことが多いです。






りぬしょくはまだ2回食。

やっと少しまた食べるペースがもどりつつあるので、
あと1週間くらいようすを見てから、
今月のなかばくらいまでに3回食に進みたい段取りです。

りぬしょくのことはまた別に書くねー。






そしてめっきり夜起きなくなりました。

ここ半月くらいで特に。

平均19時半に就寝なのですが、
朝7時すぎに起きるまで授乳は1回、

軽く1、2度泣いてしまったとしても、
ほぼ自力に近いかたちでまた眠りに入ってゆきます。






・・・しかし9ヶ月かあ。。。






9ヶ月ってなあ。。。






おかしな話だけど、
信じられないような気もちもするんですよ、

このわたしが今やママで、
9ヶ月の子どもがいて、

お酒も飲まず、
(当然だけど)夜遊びもせず、

すべてのベクトルがあずきに向かっていて、

こんなに馬鹿親を豪語するわが子ラバーになろうとは。。。






まあでもあれかもね、

わたし出産するまで、
アラホーとかいう世代に堂々と足つっこみながら、

世間の同年代の女性陣から白い目で見られかねないくらい、
なにかといろいろおもしろおかしく過ごしていたし、

殺人級くらいの量の仕事もしてきたし、

あんまりやり残したり思い残したりしてないから、
わりとすんなり子育てに集中する環境になじんだのかも。






もちろんひと区切りついたらまたお酒も飲みたいし、
やりたいこともあるし、

欲もあるし、

かなえたいこともあるし、

煩悩がなくなったわけじゃないけど。






みんな「あずきありき」になったってだけで。






とにかく9ヶ月いっしょにやってこれていかった。
いっしょにがんばって生きてこれていかった。

支え支えられていちにちいちにちを過ごせていかった。

明日も明後日も、
その次もその次も、
またそうやってすごしていこうあずき。





こんなに曇りなく、
こんなにまっすぐ、

こんなに全力で必要されたときないから、

ママはまだまだ未熟だけど、
まだまだきみにこたえきれていないかもしれないけど、

きみのためならどんな難題にでもぶつかっていくぞ。





・・・ちうことでこれからもHasikko Syndrome、
ご愛読よろしくおねがいしますと、


にょきっとあずきも顔をだしてごあいさつでございます。






今後もよしなにー。よしなにー。





↓ツイッタここから↓鍵かけてますがおきがるにどふぞ。





☆ランキング参加ちゅう!やる気!根気!勇気!