・・・ 端っこ症候群 - シングルママライフ ・・・
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< おれ24じ。 | main | 半分こで生きていこう。 >>
それでも血は血。
扁桃腺!!!

* * *

喘息から肺炎をおこしかけて緊急入院していた母が退院した。

もう母の入院に関してはプロだ。
少々のことでは動じない。

今回は1週間だった。
短期ですんでほっとしている。





が間の悪いことに、
この入院があずき(息子)のクループ(という病気)と重なり、
あずき自身も夜間に救急のお世話になってて、

そんな中母の看護が十分につとまるかというとこれは無理な話で、

近くに住む叔母(母の姉)の手を借りざるを得ない状況となった。





叔母とは両親のゴタゴタに紛れて長い間疎遠になっていたのだが、
これまた両親のゴタゴタが原因でわたしにお鉢が回り、

明かすつもりのなかったあずきの存在も知れ、

まあこれについては叔母は生涯独身の身、
孫にも等しいあずきの存在はたまらないらしく、

あれやこれやと気にかけてもらうようになっていたので、
今回は迷うヒマなく助けを乞うことにした。





おかげでぶじに入院期間もすぎ、
退院のもろもろも手伝ってもらってひといきつき、

「お昼でも食べて帰ろう。」

の誘いに応じて、
ひさしぶりにふたりだけで向かい合って食事をとっていたときのこと。





話題は母のことからあずきへ移り、
もうすぐ誕生日だという話をしていたら、

「この子の父親その後どうしてんの。」

と唐突に聞かれたので、

「別にどうもしない。」

と答えたら、

「認知だけはしてもらわなあかん。」
「あんたらのことは知らん。あずきは別や。」
「それを放棄することは許されんで。」

と和定食を前にまくしたてられた。





もちろん今にはじまったことではないし、
身内には等しく同じ話をされてきたし、

わたし自身も、

「認知なんかどうでもいい。」

とは全く思っていない。





・・・出産前は違った。

出産前は認知はおろか、
あずきに関することすべてから彼を遠ざけようとしたし、

「ひとりで育てる。」

という鉄の意志を貫きとおすことしか頭になかった。





今思えばわたしはまだ、
お腹にいたあずきよりも彼がだいじだったというか、

「だいじな彼の子だからこそ産む。」

というある種の、

「悦に入った。」

ところがあったあたり、
てんでまだまだ母親などではなく、

「母親候補のただの女。」

で、

「母になるなど片腹痛いなオマエ!」

というかんじだった。





だけどそんなわたしでも、
あずきを腕に抱いた瞬間からすべてのスイッチが切り替わった。

驚くほど瞬間だったと思う。





愛?恋?恋愛?

それってこの今わたしが抱いている命の重さに、
匹敵するほどの何かがあるんか?

この小さい命が幸せに生きていく可能性を閉ざすほど、
意味のあるもんなんか?






と。





だからそれから、
わたしはあずきを見つめながらすりきれるほど考えた。


産まれたばかりのあずきの小さなこぶし。
はじめて目をあけたときの瞳。

おおきな泣き声。
生きようするものの純粋な本能。

甘いおでこのにおい。

あたたかい息。


ぜんぶを抱きしめながらずっとずっと考えた。






そして出した答えは、

「わからない。」

だ。






そしてわたしはそれをそのまま彼に伝えた。

「わからない。わからないけれど考えてほしい。」
「この子が選ぶべきことかもしれんけど、ゆだねることではない。」
「認知がすべてではない。けど簡単に放棄もできん。」

「だからいっしょに考えて答えをもちよりたい。」

と。





彼は、

「わかった。考えるから時間くれ。」

と言ってた。





ちょうど半年前。





そのときあずきにも会ってもらった。

葛藤はあったけど、
わたしなりに考えた結果。





彼はいつもどおり飄々とやってきて、
またなんかわけのわからない独自の理論を展開して、

何を思ったかは不明だけど神妙なかおであずきを抱き、

「遺伝子学上は俺の子か。」

と言わなくてもいいことを口に出してわたしをイラつかせた。





いちいち、

「遺伝子学上。」

とか言わなくても、

「ほら!あなたの子よ!あなたの子なのよ!」

なんてドラマみたいなことしねぇよ趣味わりい。





彼はたぶん、いや確実に、

「自分の血をひく子どもがいる。」

という事実から目を背けておきたくて、
今でも認めたくないはずだ。

言葉の端々、
態度のいたるところに、
彼が感じているだろう、

「こわさ。」

みたいなものが見てとれた。




だけど、幸いに、というか、
だからといって逃げも隠れもするひとではないし、
(そこは信用してる。)

てか逃げ隠れできないんだけど、
(公人的な要素があるので。)

存分に向き合って答えを出してほしいと願ってる。





わたしはあずきの幸せしか頭にない。
わたしはわたしであずきの幸せだけを考える。

それだけを考えて前を向く。





そのひとつとして、

「認知。」

というおろそかにできない事項がある。

だからわたしは周りが何を言おうが思おうが考えることをやめない。

そのために行動することも。






あずきのこと以外は何があろうがファックユー!だ。





・・・まあ別に、というか、
彼に対して悪感情は今もなく、

かといってかつてのような愛情もないが、

どうしても複雑な感情を引き起こすタネではあるし、
ひとことで言い表せない存在となったことは否めない。





憎しみはないけど好感情というわけにもいかん。

これが現実だ。






なあ息子よ。


最近絵に描いたような「子どもがいる家」化する当家。







育児日記も1年おわる。


なんかさみしーなあ。。。





☆ランキング参加ちゅう!!なあ?ええやろ?押してくれてもええやろ?

 
スポンサーサイト
母乳ってけっこう体力勝負というか・・・・・幸せな時間、生涯のうちでも限られた期間のものなのでけど1年もするとチョット飽きてくるというか(私だけだと思う)・・・・・なのに卒乳してしまうと、またこれが淋しくってね〜〜。妊婦が終わったときも淋しかったけど。育児日記が終わったときにも淋しかったよー。

子供の成長って「淋しい」がセットかもですね。
woo | 2013/05/29 13:19
退院よかったです^^

うちも
先週土曜日に退院できて
昨日は第一回目の通院日でした

術後の経過は良好ということで
一安心ですが
今後の課題として
気にしていた後遺症的なこともあり
大学病院とは大人になるまでのおつきあい…です


優しい言葉をありがとうございました

感謝です^^★


認知…

うちも同じ気持ちを抱えています



ムスメ

もちろん
ムスメが一番大切ですが

でも
三人ともが幸せで
三人ともが納得できる形がないか

諦めずに探っています



それと同時に

『うちにはどうしてパパがいないの?』的な
質問を
多分3年以内には受けるでしょう

どうしたら
ムスメに嘘をつかないで
真摯に分かりやすく答えられるかを
自問自答してますが



難しいよぉ…
kyo | 2013/05/30 14:33
>wooさん

母乳ほんと体力勝負ですねえ。
わたし今4回/日ですがそれでも削られてるかんじします。

淋しいとセットかあ。。。

そうですね、
確かに妊娠期間がおわったのも淋しかったなあ。
新生児じゃなくなったな、って思ったときも。

うーん。

わたしはもう出産をするときはないけど、
子だくさんのお母さんの気持ちもちょっとわかるようになったかも。。。

誰かが言ってたんですよね、

「赤ちゃんって特別なんよねー。またほしくなるねん。」

って。

そこには、その、もう戻ってこないもの、
成長したわが子とともに置いてきた淋しさにつながるもの、を、
うめられるって感情もセットなのかも。
iruwappy | 2013/05/30 22:54
>kyoさん

退院おめでとうございます!

経過も良好とのことで、いかった!
ほんといかったです!

後遺症。。。のことはご心配ですが、
今回の手術で得られた結果が大切とのご決断だったと思います。
まずはゆっくりと回復されることをお祈りしています。


認知。
とてもナイーブで難しいですね。

吐くほど悩みましたが、
認知されなくて息子が傷つくことは想定されても、
認知されていて息子が傷つくことは想定しにくい。

わたしの判断基準はそこでした。

あとは「自分が何者か」ということを、
彼にきちんと残しておいてやりたい。

ということでしょうか。

「パパはなぜいないの?」
については、明確に答えを出せていませんが、
わたしは彼がわたしに意見を言えるような年齢までは、
ちょっとだけ幸せなウソをつくかもしれません。

子どもの世界は正直でうそがありません。
それだけに諸刃の剣で残酷さも兼ね備えていると思います。

だから。。。

・・・それをこえたら、うーん、
明確にいつとはわかんないですけど、
成長とともにできる限りありのままを話して、
わかりあえたらいいなあと今は思ってます。

どうかな。難しいですね。

わたしもまだまだ道半ばです。。。
iruwappy | 2013/05/30 23:11
COMMENT









Trackback URL
http://iruwappy.jugem.jp/trackback/261
TRACKBACK