・・・ 端っこ症候群 - シングルママライフ ・・・
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< それでも血は血。 | main | おしらせ。 >>
半分こで生きていこう。

ぼくはきみといるときがいちばんしあわせなんだ。

* * *

あずき(息子)をねかせてふとひといき、
無意識に視線を泳がせると、
はしっこのほうにコロンところがるちいさいクマ。

子どもがいるってこういうことだなあと、
思わずふっと息がもれる。




特別ドラマチックなことはなにもない。

今日そのちいさいクマをひろったら、
明日こんどはソファのしたにクマは出没する。

そんなささいな日常の繰り返しだ。





さて長らく更新とどこおりました当ブログ。
(いつものことですが)





じつは先月の中ごろからあずき、

風邪→クループ→風邪→結膜炎→気管支炎と中耳炎併発

という魔のスパイラルにまきこまれ、
そのあいだを縫うように母が入院、

わたしはわたしで、

喘息→風邪→気管支炎と喘息併発

という世にもオソロシイ状況にみまわれておりまして、
ぶっちゃけ、

ブログ?はあなにそれ新発売の洗剤?

みたいな位置づけでした。





まじで命の危険かんじたでしかし。





そんななか先月末であずきは1歳。
1歳になりました。

男あずき1歳でございます。

ええ1歳です1歳。





ここ最近はまたいろいろめざましく、

好物のバナナがどこにあるかを理解し、
それを、

「バッ!」
「バナッ!!」

といいながら指し示し、

してほしいことを自ら要求、
・・・たとえば絵本を読んで欲しければ絵本の棚を指して、

「キョエエエエエー!」

と熱をおびた雄叫びを発し、

わたしがすることをことごとくまね、

遅かったけどうつぶせから自分で座れるようになり、

つかまり立ちはますます上達、
最近は無謀にも3秒くらいは手放しで立ち、

じぶんの名前が「あずき」であることを理解し、

その他もろもろ書ききれない数々数々、

なんせ赤ちゃんの域をおおきくはみだして成長してきた。





1歳。
1歳だ。

しつこいようだが1歳になったのだ。





去年の今ごろ、
わたしはあずきといっしょにこの部屋に帰ってきた。

ちいさな命を抱きかかえて、
ただただ押しつぶされそうな不安に、
病院からもってかえってきた大きなかばんが2つ。

からっぽの冷蔵庫。





あの日わたしはどうやっていちにちを過ごしたのだろう。





あのとき1歳になる日のことなんて想像できなかった。

もちろんあずきは健康にうまれてくれて、
ここまで大きなけがも病気もせず、
無事に育ってくれた。





だけどあのときはそれが当たり前に思い描けなくて、
1歳になるなんて夢のことのように思えて、

今日の日のことなんて全く想像できなくて、

とにかく目の前の命をどうやって守りぬくか、
いちにちいちにちを紡いでゆくことだけしか考えられなかった気がする。





いっしょに生きてくれてありがとうあずき。





ママはこれからもきみを全力で守りぬく。
全力できみのいちにちいちにちを支えてゆく。

ママはいつだってきみの「最後のひとり」であり続けるよ。





きみが助けを必要とするときの「最後のひとり」。

きみが泣きたいときの「最後のひとり」。

きみが世界中を敵にまわして闘うときの「最後のひとり」。

きみが喜びをわかちあいたい「最後のひとり」。


きみがふりかえったときにいつもそこにいる「最後のひとり」。





だからきみは何も心配しなくていいんだ。

どうか自由に、
どうかのびやかに、

いつでもどこへでも手足をのばして、
いつでもどこへでもこころをとばして、

そんなふうに大きくなっていってくれますよう。





そしてママはなんでもきみに「半分」あげよう。
ママの「全部」ではなく「半分」をあげる。

ママの片手。
ママの片目。

ママのからだの半分。
ママのなにもかもの半分。

いつだってきみに半分あげる。





なぜってね、

ママは半分が必要なんだ。
きみと生きてゆくために必要なんだ。

きみを守りぬくために半分が必要なんだって気づいたんだ。





だから全部あげたいけど、
ほんとは全部全部全部あげたいけど、

きみのためなら命だっていらないけど、

勇気をもって半分こしよう。





「半分こで生きてゆこう。」






これがママの1歳のきみに贈る所信表明です。







ぶかっこうながら作ったあずきのケーキ。


パンケーキは卵なし小麦粉牛乳砂糖ベーキングパウダーにバターちょび。
ケーキの間にはベビダノン。








1歳になったマイハニー。


熱があったのでご褒美?にジュースデビュウしました。






ジュースのご利用は計画的に。






あ。

ブログの存続もちょっと考えたりしたんですが、
やっぱり地味にでも続けようかと思います。

ちょっとありかたを変えるかも。
写真にひとことだけとか。。。

いずれにせよ,
今度ともおつきあいよろしくおねがいします。





いつも読んでくださるみなさんありがとう。





☆ランキング参加ちゅう!!てことでランキングもたのむでー。

 
スポンサーサイト
よっ、待ってました!(更新)
更新に気付かず、リアクションしそびれることも多々あるのですが
いつも楽しみに拝見してます。
そして、ナイス所信表明!
誕生日前後は生きた心地のせぬ日々だったご様子で。
どんどんタフになってゆくiruwappyさんと
ますます愛らしくなってゆくあずくんに
これからも熱視線を送り続けます。
おめでとうございました。
まほ | 2013/06/14 00:03
解ります解ります。私も本当にどうやって過ごしてたのか・・・・・。1歳のお誕生なんて夢の夢でしたよ。お気持ちとっても解ります。

ジュースを見つめる?あずきくんの可愛いこと!抱きしめたいですよ。
iruwappyさんは、本当に頑張っていらっしゃると思います。あずきくんの笑顔がその証拠ですよ。笑わない乳幼児もいるじゃないですか、ぶっちゃけ。

blogは楽しみにしていますので、細々とでも続けて下さいね。
woo | 2013/06/14 13:20
遅ればせながらお誕生日
おめでとうございます(^ ω ^)

そしてママンも1歳ですね&#10024;
ママン1歳も祝わねば!
おめでとうございます(^o^)/

自分にとっては、
子の誕生からの1年って

「自分が生まれてからの1年」に次ぐ
成長・成長・大成長の1年だったなー

なんて思ったりしました。

全身全霊でぶつかってくる息子に
本当教えられる毎日です、本当。

ちなみに。
ジューチュでニッコリのあずきくんに
けむみおばちゃんトロけそう(笑)
いい笑顔ありがとうございました!
けむみ | 2013/06/14 22:39
あずき君1歳おめでとう。そしてママになって一歳おめでとうございます。
あ〜本当に病気に次ぎ病気、大変ですよね。でもママも病気するとほんと、きついですよね。。。こどもは病気して強くなっていくと思えば、乗り越えられるけど、大人が病気になると、気も弱くなってしまいます。
私も最近胃腸炎になって、心も体もどん底でした。
あずき君の笑顔最高ですね。子供の笑顔って、何よりも元気をもらえます。
この1年また楽しい事いっぱい体験して、お互い2歳の誕生日をまた、無事に迎えましょうね。
メイ | 2013/06/15 18:04
>まほさん

よっ!まほちん!おおきに!
こんな不定期不規則更新の不良ブログ、
楽しみにしてくれてるなんて酔狂なおひとやで!

そんなまほちんの熱視線、
あえて正面から受け止める。受け止めるで。
むしろ食い気味に取りに行くで。

・・・というわけでほんとうにいつもありがとうです。
感謝と愛を。(はあと。)
iruwappy | 2013/06/17 22:56
>wooさん

いつもいろんな場面で共感してくださったり、
はげましてくださったり、
ほんとうにありがとうございます。

wooさんはすごく初期のころからコメントをくださっていて、
いまだに読んでいただいていること、
ほんとうに嬉しく思ってます。

あずき。。。かわいいでしょう!(鼻息!)
あずきの笑顔、
ほんとうにわたしの自慢で宝です。
あの子の天性だと思ってます。

これからもブログ、
ひっそり続けていきたいと思いますので、
細く長くおつきあいくださいね。
iruwappy | 2013/06/17 23:00
>けむみさん

けむみさん!
ありがとうありがとう。
わたしにまでお祝いありがとうございます!

そうですね。。。
きっとけむみさんのおっしゃるとおり、
自分が1歳のときまでに経験したことを、
親になって違う目線で体験しているのかもしれません。
何もかもが新しく、未知のことばかりです。

立場がひとをつくる。。。
って、
親になって本当の意味で身にしみたような気がします。

子育ての奥深さ、
ともに味わい尽くしてまいりまそう!
iruwappy | 2013/06/17 23:08
>メイさん

ありがとうございます!

メイさんはその後おからだいかがですか?
回復されたでしょうか?

育児中、じぶんのことは二の次だし、
からだをこわすと気持ちも削られてゆきますよね。。。
ほんとに死活問題。

子どもの笑顔はどの子もすばらしいですが、
わが子の笑い顔のパワーたるや、
すさまじいものがありますね。

何度も何度でも救われます。

2歳かあ。。。
またなんだか夢みたい。
きっと片言を話して、
駆け回ってたいへんなんでしょうね。

その日をまた、
一緒に笑顔で、喜びの涙で、
クシャクシャの顔で迎えたいですね!

ガンバルベ!

iruwappy | 2013/06/17 23:29
おめでとうございます!あずきくんも、iruwappyさんも。ママの愛があふれる文章を読んで、胸がいっぱいになりました。ほんとにあずきくんは幸せ者ですね。世界一の自慢のママだと思います。

このブログには本当に何度も救われていて、笑わされたり、励まされたり、勉強になったり、私の気持ちを代弁してもらったり…。言葉ってすごいな、と思います。娘が六ヶ月を迎えた時に、遡ってあずきくんが六ヶ月の時のブログを読みました。泣きました。。。ほんと涙腺ゆるゆるです。
負担にならない程度で、これからも続けていただけたら嬉しいなぁと思います。
ゆき | 2013/06/19 17:28
はじめまして。
あずき君1歳おめでとう!
赤ちゃんが1歳を迎えるまでの日々がどれだけ大変か、
実体験がないのでわからないけれど、
大きな病気もせずに今まで生きていてくれてよかったですね。
これからも元気であなたと一緒に生きて行ってくれますように。

またきますね。
>ゆきさん

ゆきさん。
おへんじがすごくおそくてごめんなさい。
いつもいつも読んでくださってありがとう。

わたしの個人的なつぶやきが、
どこかゆきさんと重なって、シンクロして、
ゆきさんの感情があふれる糸口になれたら、
こんなにうれしいことはないです。

きもちは外へ出さなければ。たまには。

ブログはゆっくりですが続けます。
これからもよろしくおねがいします。
iruwappy | 2013/07/02 14:56
>ウォーターサーバー@お水さん

コメントありがとうございます。

子どもとの1年、
こればっかりはほんとうに体験するまで、
想像とはかけはなれたものでした。

喜びも苦しみも。

いつかお子さんをもうけられるときがあれば、
そのときを楽しみに、
今は妄想?かな?なさってみてください。

お祝いのお言葉ありがとうございました。
iruwappy | 2013/07/02 15:00
COMMENT









Trackback URL
http://iruwappy.jugem.jp/trackback/262
TRACKBACK