・・・ 端っこ症候群 - シングルママライフ ・・・
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 恋と掃除と虫。 | main | エコビューティ。 >>
愚かな男に愚かな女。
34週6日。予定日まであと36日。

* * *

これはお気に入りの店のランチ。


遠いんだけどわざわざ行く。



この日は豆腐ハンバーグ、
マカロニサラダにもやしと豚肉の炒め物、
わかめのお味噌汁と玄米ごはん。

薄味で野菜たっぷり。

これにドリンクがついて800円以下。



あずき(ベビィ)の父から久しぶりの連絡。

仕事で近くに来ているのは聞いていたけど、
(遠方ずまいなので)
会いたいという気持ちがないわけではなかったけど、

求める弱さも甘える強さも今は持ち合わせてない。



だからこっちから連絡するつもりは全くなかった。



どうしたのかと聞いてみたら、

「からだはどうなのか気になった。」

とのこと。



ぽつりぽつりと話をしてたら、

「俺どうしょうもなくてごめん。」

と突然いいだしたから、

「何ってこたえてほしくてそれいってるの?」

と聞いたら、

「こたえがほしいわけじゃない。」

って、
どっかで読んだような聞いたような会話になってしまった。



なにかなあれは。
わたしのためじゃなく自分のためかな。

冷たい考え方だけど当たってるとおもう。



「何かできることあったらいって。」

といわれたけど、
なんだかそれにかえって傷つく思いがして、

「ちょっとそういうの今受け止めきれない。」

といったら、

「そうやなそうやな。ごめん。」

って、
こんなこというつもりじゃなかったのにって、
ぶつぶつとつぶやいてた。



なんか話すこと見あたらなくて、
散歩にいきたいからっていって電話切ったけど、

ここからがわたしの甘いところだけど、

あまりに突き放しすぎたかと思い、
ちょっとしたメールをおくったら、

テンションの高いばかっぽい返事が返ってきた。



見た瞬間はとても腹がたってむかついたけど、
よくよく考えたらてかよく考えなくても、

やつはそういう愚かなばか男だった。



久しぶりにそんなばか男の声をきかせて、
おなかをなでながらあずきに謝る。

「ごめんねあずき。ばかパパで。」



いやむしろそれより謝るべきは、

「ごめんねあずき。ばかママで。」

だ。



愚かでばかなのはママのほうだねあずき。



☆ランキング参加ちゅう!今日もアクセスおおきにどすえ!

 
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://iruwappy.jugem.jp/trackback/84
TRACKBACK